〈新型コロナ 支援の輪〉ドライブスルーで弁当いかが

31日まで、モラージュ佐賀で

©株式会社佐賀新聞社

ドライブスルー方式で弁当などのテイクアウトを提供している「モラージュ佐賀市」=佐賀市のモラージュ佐賀北側駐車場

 新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少している飲食店を支援しようと、佐賀市のモラージュ佐賀と、九州ケータリング協会(佐賀市)が、同店北側駐車場でドライブスルー方式での弁当や総菜の販売会を開いている。開場時間は午前11時から午後7時で、31日まで。

 「モラージュ佐賀市(いち)」と題し、県内から14店舗が参加し、佐賀牛のステーキ重や唐揚げ、バウムクーヘン、漬物などを扱っている。

 初日の29日は、正午前から客足が増えた。来場者は車に乗ったまま注文し、商品を窓越しに受け取っていた。会社員の橋元武文さん(42)=佐賀市=は「在宅勤務が続いているが、機会があればテイクアウトも利用している。少しでも支援したい」と話した。

 唐津市を拠点とする3人制バスケットボールのプロチーム「カラツレオブラックス」の原慎也キャプテン(36)も応援に駆け付け、「自分たちも練習や試合ができない状況が続いているが、取り組みの手伝いや情報を発信することで応援できれば」と話した。

ドライブスルー方式で弁当などのテイクアウトを提供している「モラージュ佐賀市」。3人制バスケットボールチーム「カラツレオブラックス」の原慎也キャプテン(右)も応援に駆けつけた=佐賀市のモラージュ佐賀北側駐車場