線路に倒れている男性発見 東急田園都市線が一時運転見合わせ

©株式会社神奈川新聞社

 29日午後10時ごろ、東急田園都市線の江田─市が尾間の線路上(横浜市青葉区荏田北1丁目)で、同区に住む大学4年の男子学生(21)が倒れているのを回送電車の男性運転士(43)が発見した。男子学生は病院に搬送されたが、頭の骨を折っており、意識不明の重体という。

 青葉署によると、男子学生とみられる人物が直前、現場付近の道路を一人で歩く姿が周辺の防犯カメラに写っていた。署は男子学生が何らかの理由で線路上に立ち入った可能性もあるとみて原因を調べている。

 東急電鉄によると、同線は一時運転を見合わせ、同11時35分に再開した。上下線で計42本が運休し、約1万8600人に影響した。