最期迎えた病院に寄付 90代女性が遺産3580万円

©株式会社神戸新聞社

宝塚市役所=宝塚市東洋町

 兵庫県宝塚市は29日、昨年5月に宝塚市立病院で亡くなった同市内の90代女性から、遺産のうち約3580万円の寄付を同病院に受けたことを明らかにした。女性に相続人はおらず、生前の意向から作成された公正証書遺言をもとに、今年4月1日に遺言執行人から振り込みがあったという。

 同病院は医療機器の購入を予定しており「多くの患者のためになるよう活用させていただきたい」としている。(大盛周平)