震災復興伝承館がオープン、宮城

750人犠牲の閖上地区

©一般社団法人共同通信社

宮城県名取市閖上地区の震災復興伝承館に展示された、被災前の町並みを再現したジオラマを見る人たち=30日午前

 東日本大震災で約750人が犠牲となった宮城県名取市閖上地区で30日、津波の恐ろしさや震災の教訓を伝える「震災復興伝承館」が開館した。これに先立つ記念式典で山田司郎市長は「震災を風化させることなく、危機意識を醸成する拠点として活用したい」とあいさつした。

 被災前の閖上の町並みをジオラマで再現。ミニチュアの住宅や建物のそばには住人や店舗の名前、思い出を記したプレートが立ててある。ほかに津波被害を記録した写真や映像を展示、被害を伝える語り部や震災後の町づくりに尽くした人の思いも紹介する。

 語り部の格井直光さんは「災害への備えを再認識する場所に」と話した。