沖縄独自の高校野球大会は無観客試合 6月23日抽選会 決勝は8月2日

©株式会社沖縄タイムス社

(資料写真)名護市営球場(タピックスタジアム名護)の外観(空撮)=2020年3月6日、名護市宮里(小型無人機で撮影)

 沖縄県高野連(岩崎勝久会長)は30日、北中城高校で臨時理事会を開き、独自に開催する県大会の名称を「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」と決めた。無観客試合とし、決勝は8月2日午後1時にタピックスタジアム名護で行う。

 例年、夏の選手権大会の登録人数は20人だが、ベンチ入りを25人に拡大。最後の大会となる3年生に大会を経験してもらおうと、試合出場が可能な登録人数は3年生に限って最大60人までに広げた。

 抽選会は6月23日に行う予定。