大阪モノレール 女性駅係員制服をリニューアル 開業30周年の節目

©株式会社エキスプレス

新制服イメージ

大阪モノレールは2020(令和2)年6月1日(月)、女性駅係員の制服をリニューアルする。

新制服は「清潔感」「信頼感」を表すネイビーを基調とし、同社のコーポレートカラーであるウルトラマリンブルーを取り入れ、より明るいイメージに。

ノーカラージャケットとオーバーブラウスを初めてを取り入れ、スカーフもオリジナルデザインで発色の良いカラーをベースに和を取り入れた4色で展開。イメージの一新を図る。

4色のブラウス

開業30周年の節目において、改めて原点に立ち返り、利用者の心に寄り添うサービスを提供し続けるという思いを込めた。社員が快適に着用できるよう、着心地の良さ・耐久性・扱いやすさなど機能性も向上しているという。

同社は「ご利用されるお客さまや沿線地域から、さらに親しまれ、「安心」「信頼」を感じていただくとともに、新制服を通して、お客さまを明るくお迎えするおもてなしを表現し、ワンランク上のサービスの提供に努めてまいります」としている。

【関連記事】
大阪高速鉄道が社名変更、6月1日から大阪モノレールに
https://tetsudo-ch.com/10342974.html

鉄道チャンネル編集部
画像:大阪高速鉄道株式会社