10万円給付金「地元で利用して」 蒲島熊本県知事が職員にメール

©株式会社熊本日日新聞社

 蒲島郁夫熊本県知事は29日、新型コロナウイルス対策として国が国民1人10万円を配る「特別定額給付金」について、地元で積極活用し、地域経済に貢献するよう県職員に呼び掛けた。職員に自粛を求めていた春の定期異動に伴う歓送迎会などの開催を認める考えも示した。

 知事は知事部局の職員に電子メールでメッセージを一斉発信。その中で、「感染拡大防止を図りつつ、地域経済の確かな回復を成し遂げなければならない。県内での買い物や外食、観光、宿泊などに県職員が率先してアクションを起こしてほしい」と訴えた。

 県庁で同日開いた県商工会議所連合会など3団体との意見交換会でメッセージ内容を説明。同連合会の久我彰登会長は「相当な経済的打撃が出ている。飲食店は現状が1カ月続けば、半数程度が閉店するという報告もある」と支援を求めた。(野方信助)