【31日(日)の天気】西・東日本は曇りや雨 北海道は晴れて真夏の暑さ続く

©株式会社ウェザーマップ

 きょう30日(土)鹿児島地方気象台は『九州南部(奄美を除く)が梅雨入りしたとみられる』と発表した。一方、東京都心の日中の最高気温は27.9℃と7月上旬並み、北海道の釧路市中徹別では32.5℃と、きょう全国で一番暑くなり、日本の南から北へ季節が一気に進んだような極端な日となった。あすは、西・東日本で曇りや雨の所が多い一方で、北海道は晴れて真夏の暑さが続きそうだ。

南は「梅雨」北は「真夏」

 こんや(土)は奄美や九州南部では、梅雨前線が北上する影響で雨脚が強まり、雷を伴って激しい雨の降る所がありそうだ。前線に伴う雨雲は、四国や紀伊半島にもかかり、あす朝には西日本の広い範囲で雨が降る予想。午後には次第に止む所が多くなるが雲の残る所が多い見通し。

 また、東日本や東北は晴れ間もあるが、高気圧からの湿った空気の流れ込みや上空の寒気の影響により、変わりやすい空模様で、所々でにわか雨や雷雨の所がありそうだ。

 一方、北海道はあすも高気圧に覆われ各地で快晴となり季節外れの高温が予想される。

北海道、真夏の暑さ続く 朝と昼で気温差20℃以上も

 あすの日中の気温は、東海や中国・四国の一部で平年より少し低いものの、全国的に25℃以上の所が多くなる見込み。

 特に北海道は、きょう(土)に引き続き、日中の気温が極端に高く、真夏並みの暑さとなる所が多くなりそうだ。また帯広の朝の最低気温は12℃、日中の最高気温は32℃が予想され、一日の気温差が20℃以上と、激しい寒暖差が見込まれる。

 極端な気温差で体調を崩さぬよう健康管理に十分気をつけたい。

(気象予報士・寺本卓也)