「ラビリンス」の続編がジム・ヘンソン・カンパニーの手で製作へ

©株式会社近代映画社

ジェニファー・コネリー&デーヴィッド・ボウイ共演の86年のファンタジー映画「ラビリンス/魔王の迷宮」の続編が製作される。

監督は「ドクター・ストレンジ」のスコット・デリクソン。製作はトライスター・ピクチャーズ。脚本は、TV「闇の中へ」Into the Darkの監督・脚本を手掛けたマギー・レヴィンが執筆する。

オリジナル作の監督は、「ダーククリスタル」の監督でTV「セサミストリート」などのマペットの作者として知られる故ジム・ヘンソン。少女サラの赤ん坊の弟が、ゴブリンの王に誘拐され、サラは弟を取り返すため、妖精の世界で冒険を繰り広げるというストーリー。妖精世界のクリーチャーたちはジム・ヘンソンによるマペットで描かれた。

今回の続編の製作はジム・ヘンソン・カンパニーで、ジム・ヘンソン監督の子供たち、映画プロデューサーのブライアン・ヘンソンとリサ・ヘンソンが製作に参加する。