鷹・今宮が育成出身の尾形を絶賛「真っ直ぐ特別」 ファンとオンラインで交流

©株式会社Creative2

オンラインファンミーティングを行ったソフトバンク・今宮健太【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

紅白戦後はオンライン上でファン一人ひとりと交流、様々な質問に答えた

ソフトバンクの今宮健太内野手が30日、オンラインファンミーティング「ファンとしゃべりタカ~」に登場。モニター前に座った今宮は参加したファンに「画面越しなので緊張しないで」と優しく呼びかけると、次々にファンからの質問に答えていった。

冒頭から子どもに「どの選手が面白いですか?」と聞かれると「今は砂川リチャードがすごく面白いですよ。あいつ天然なんで。訛りもあってかわいいです」。紅白戦での自軍の投手との対戦については「ソフトバンクのピッチャーはレベルが高いですよ。尾形(崇斗)のまっすぐとか特別ですし、みんな本当にえげつないです」と今年支配下を勝ち取ったばかりの若手の名前を挙げた。

打順については「去年柳田さんが抜けて3番を打ったけど、3番ショートってかっこいいですよね」と野球少年のような言葉も漏らしつつ「3番は柳田さんで4番がバレンティンだと思うから、2番の仕事はめちゃめちゃ大事。8番、9番に落とされないように頑張ります」とまずは“定位置”での出場を目指す。今年の目標については「バレンティンの打点を上げたいので、僕がしっかり出塁できるように」と、新加入した大砲へのアシストを約束した。

ホークス選手のモノマネを披露したファンには「うちのモノマネキング(高谷裕亮)と共演して」とメッセージ。他にも打撃フォームをチェックしつつ「いいスイングしてる。柳田さんになれるよ」と激励したり、近々誕生日を迎えるという子どもには「誕生日おめでとうございます」と拍手を送ったりと、一人ひとりにしっかりと対応した。

「準備期間は短いけど、完全に仕上げられるように。特別なシーズンになるけど、野球をやれる幸せ感じながら、みなさんにいいプレーを見せられたらと思います」と、6月からの全力プレーを誓った今宮。開幕からスタートダッシュとなるか。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)