田中みな実、衝撃のセリフ「許さなーーーーーーい」誕生秘話が明かされる! 『M 愛すべき人がいて』コメンタリー付き第3話リミックスバージョン放送

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

【画像はこちら】

田中みな実が出演する土曜ナイトドラマ『M 愛すべき人がいて』が、6月6日(土)23:15〜コメンタリー付き第3話リミックスバージョンを放送する。

(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

6月6日の放送では、前回そのマニアックな視点とアユ愛あふれる副音声で好評を博した伊集院光と古市憲寿に、自身も『警視庁・捜査一課長2020』(毎週木曜20時~)に出演中で、大の『M』好き・塙宣之(ナイツ)が加入。

前回の副音声でも、“田中みな実の生真面目さがすごく出ていて、目が話せない”と田中の演技にハマッていることを公言していた伊集院。今回もその熱は冷めやらず“もはや片平なぎささんを通り越しているのか!?(笑)”と釘付け状態に。

また、第3話に登場して世間をザワつかせた田中演じる姫野礼香がアユ(安斉かれん)に宣戦布告した際の“許さなーーーーーーい”というセリフについて、“台本に「ーーーーーー」がいっぱい書いてあったから、それ1つが何秒なのか、音程まで考えて役作りしたそうですよ”と、田中本人から聞いた恐怖のセリフ誕生秘話を暴露した。

一方“浜崎あゆみさんと松浦勝人さんが本当に好き”と、前回の副音声でもガチファンだからこそ知るエピソードを熱く語った古市。今回も“「絶対負けない!」っていうのは本当に松浦さんの口ぐせらしいです。あと、あゆ本人も手紙を書くのが好きで、ホントに言葉のセンスがいいらしいです”と2人のエピソードを次々に披露。また古市が語る“感情の描き方が強くて斬新だった”と語る「A Song For ××」にまつわる秘密とは?

そのほか“三浦翔平さんから聞いたんですけど、「俺はマサになる!」とスイッチを入れて、ノッて演技しているらしいです”と裏話も語るなど、古市の『M』愛が止まらない。

今回、伊集院&古市とともに愛を炸裂させたのが、“このドラマが好き過ぎてYouTubeにパロディ動画を作ったんです。フルスイングがいい!”と語る新加入の塙。

作詞に苦戦中のアユがライバルの玉木理沙(久保田紗友)&西谷真理(傳彩夏)にイビられるシーンでは、“オレンジジュースぶっかけられて走っていたかと思うと、すぐ病院……たたみ掛けがすごい!”と、そのテンポの速さを絶賛。

また“茶化しているように見えるかもしれないけど、どハマりしています。このドラマはリモートで誰かと一緒に観ることが必要!”と“ツッコミながら観る”方法を勧めた。

止まることのない3人の愛とリモートトークで大いに盛り上がったコメンタリー収録。第4話の放送を前に、まずは3人と一緒に第3話のおさらいをしてみては。

(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

コメント

伊集院光

前に副音声をやったあとに、田中みな実さんが僕のラジオにゲスト出演してくれることになったんです。俺を殴りにくるのかな……って思ってたんですけど(笑)、懐の深い方でした。ちなみに、副音声もちゃんと聴いているみたいです(笑)。賛否の“否”が多いかもなぁと思っていたんですけど、意外と受け入れていただいて、今回またコメンタリーをやらせてもらうことになりました。しかもまさかの塙くんも参入!

今、撮影が止まっているじゃないですか。その間、出演者のみなさんには冷静にならないでほしい! このままフルスイングでいってほしいですね(笑)。

レンタルビデオでも動画配信でも、すでにシーズン5とか、もう50話まで進んでいる作品って追いつきようがないじゃないですか。でも『M』はまだ3話です。視聴者のみなさん、一緒に照れましょう!(笑) 照れながら一緒に観ましょうよ!

古市憲寿

本当は僕、あゆについてもっと詳しいんです(笑)。我慢しないといくらでもしゃべっちゃうので(笑)、前回の副音声では抑えたんですけど、反響がすごくてビックリしました。

あゆが世間で“バカじゃないか!?”って言われていた時期があるんですけど、ラジオを始めたら意外と哲学的なこととかも話していたんですよ。それでバカじゃないとわからせたのは、あゆの底力ですよね。あれでファンになった人も多いんじゃないかな。今後、そういうシーンも出てくるのか楽しみですね。あと、“え? 本人!?”っていうくらい小さな後ろ姿でもいいから、あゆ本人に出てほしいです。

これだけTwitterが盛り上がるドラマって最近あまりなかったと思うんですね。今はまだ家にいる人が多いと思うので、Twitterとかでワイワイ言いながら観てほしいと思います。あと浜崎あゆみというスターをもう1度振り返るという意味でも観ていただきたいですね。

塙宣之(ナイツ)

僕、実は浜崎あゆみさんにはそんなに詳しくないんですよ。ドラマのファンなんです、とにかく。僕も今『捜査一課長』というドラマに出ているので、同じクールの全ドラマを観ているんですけど、ダントツで『M』が好きなんですよね。好き過ぎてYouTubeにパロディ動画をアップしたら、鈴木おさむさんも観てくださったんですよ!(笑)

今、売れた後の歌うシーンって、浜崎あゆみさんの歌声じゃないですか。それを最後は安斎かれんさんが歌うのか……気になっています。もしくは浜崎さん本人が出てきて歌ってくれたりしないですかね?(笑)

今後の予告動画で、田中みな実さんがキスするシーン出てきますよね? 流川翔(白濱亜嵐)と! 謎過ぎて気になります。ここまでストレートに思い切り感情をぶつけてやっているドラマって『M』しかない……絶対観てほしいです。俺を信じろ! 必ずホシを挙げる!(笑)

(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

第3話コメンタリー付きリミックスバージョンあらすじ

レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、流川翔(白濱亜嵐)がプロデュースする4人組ガールズグループにアユ(安斉かれん)を追加して5人組でデビューさせるとマサ(三浦翔平)に告げる。反論するマサだが、決定事項だと一蹴されてしまう。会社の決定になすすべもないマサは、アユにガールズグループのセンターとして4月8日にデビューすることが決まったと報告する。ソロでのデビューを夢見ていたアユは、複雑な気持ちを押し殺して無理に喜んだふりをするが……。

翌日、マサは会議にアユを連れて行き、役員たちの前でソロデビューさせると告げる。しかし、大浜やほかの役員たちは、アユを見て口々にこき下ろし始める。何を言われても笑顔で耐えるアユの姿を見たマサは、アユが売れなかったら会社を辞めると宣言する。

一方、マサの秘書・礼香(田中みな実)は、“あなたは泥棒の手をしている。私の大切なものを奪わないでね?”とアユに宣戦布告し……。

ある時、ふとアユが語る言葉の数々を思い出したマサは、アユに歌詞を書いてみるよう指示。彼女の紡ぐ言葉が人々の心に響くと考えたマサは、アユを“アーティスト”として売り出そうと考えたのだ。作詞なんて無理……と弱気になるアユだが、祖母・幸子(市毛良枝)の励ましを胸に、自分の思いを歌詞に込める作業に没頭する。

アユが初めての作詞に四苦八苦する中、心の支えでもある幸子が倒れてしまう……。

M 愛すべき人がいて

毎週土曜よる11:15~0:05 テレビ朝日系24局

『ABEMA』配信日程:毎週土曜よる0:05頃より配信開始

(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.
(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.