ウチの子、ダメって言うことばかりやる…子どもの困った行動は〇〇のサイン?

©株式会社サンケイリビング新聞社

みなさん、こんにちは!

親子コミュニケーションコーチのMISAです。

子どもと一緒に過ごす時間が増えたママが多いと思いますが、その分イライラも増えてしまっていませんか?

今、じっとしていてほしいなーという時に限って走り回ったり、静かにしていてほしいなーという時に限って大声を出したり。

お子さんのこんな困ったなーという行動、みなさん一度は経験があるのではないでしょうか?

そんな時どうしてる?

私は子育てコーチとして、幼稚園児のママが「自分の子育て」について考えるお茶会を開催しています。

そこでよく聞くお話の中に、

・ダメって言うことをやるから困っている

・弟や妹にやさしくできない

・自己主張が強くてわがままになっている

などがあります。

ママにとっては毎日のことで、

『どうして言うことを聞いてくれないのかしら?』

『わがままな子に育ってしまって、心配だなあ』

と、気になってしまうのも無理はありませんよね。

こんな時あなたならどんなふうに声をかけていますか?

『コラ!走っちゃダメでしょ!』

『どうして言うことが聞けないの?ダメな子ね』

『お店の人に怒られちゃうよ!』

そして、言い過ぎたかな?と、あとになって反省したり。

私もよくありました~。。

実はこんな困った行動にはあるサインが隠れているのかもしれません。

出典:あんふぁんWeb

子どもはママの愛情がほしくてたまらない!

子どもの困った行動に隠れているもの。

それは『やきもち』かもしれません。

特にお兄ちゃん・お姉ちゃんにとって、下のきょうだいというのは”最大のライバル”。

下のきょうだいが生まれてくるまで、両親の愛情をひとり占めしてきた長子たち。

きょうだいが生まれてきた途端、両親の愛情は半分こ。

特にママは赤ちゃんと常に一緒にいるので、半分こどころではない。

ママが取られた感が半端ない(笑)

ここでママの気を引くための作戦に出るのです。

『ママが困ることをしたら、こっちをみてくれるでしょ?』

ママにとってはたまったもんじゃない。

こんな時にぜひ試してみてほしいこと、それは『ぎゅーっと抱きしめて、話を聞くこと』です。

『どうしてあんなことをしたのかな?』

『あんなことをしたら、ママは困っちゃうよ』

そして1日1回は『ママは〇〇くん・ちゃんのことが大好きだよ』と、抱きしめてあげてください。

こうして、子どもと向き合う時間を持つことで、だんだんと子どもの心が落ち着いてくれるはずです。

ウチもそうかもーというママはぜひお試しあれ!

出典:あんふぁんWeb

<あんふぁんメイト 田谷美里>

夫・長男8歳(小3)・長女5歳(幼稚園・年長)0歳からのふれあい育児とコーチングを実践!朝活で自分時間を楽しんで笑顔の毎日