テンピンなら合法?検察庁前でおこなわれた「賭け麻雀」

©株式会社光文社

検察庁前の路上に麻雀卓を設置

5月30日、「検察庁前でテンピンレート麻雀大会をやろう」という企画がツイッター上で告知され、東京都千代田区の東京地方検察庁前で「第1回検察庁前テンピン麻雀大会 黒川杯」が開催された。

黒川杯とは、いったい何か。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言中、産経新聞記者の自宅で賭け麻雀していたことを「週刊文春」に報じられ、黒川弘務氏が東京高検検事長を辞職した。その際に話題となったのが、賭博を取り締まる側の検察のナンバー2が「テンピン(1000点=100円換算)」というレートながら、賭け麻雀をおこなっていたことだった。

黒川氏は訓告処分を受けたが、いまだ懲戒などの処罰を受けていない。そのため、ネット上では「テンピンなら問題ない」という「黒川基準」が成立した、と話題になったのだ。

本誌は主催グループと連絡を取り、「黒川杯」に密着取材を試みた。主催グループのリーダー男性はこう語る。

「違法行為をしても黙認される人、見逃される人、大きく露見してもお咎めなしになる人、反対に意地でも逮捕するため、法律を利用して捕まる人もいる。こういった『差』がある現状は非常におかしいと思います。その問題提起が理由です。風刺ですね」

ツイッター上で企画を告知した後、主催グループに対して「通報するぞ!」といった批判もあった。

「反響はすごいです! 今日も密着取材に来るなんて……。捕まるのはイヤですけど、どうせ逮捕されるのなら賭博罪で捕まえてほしいですね。黒川検事長が逮捕されなかったことへの風刺になりますし」(主催グループの一人)

「検察庁前」の開催を予定していたため、グループは最寄りの霞ヶ関駅に集合。一行は、午後3時に検察庁前に到着した。検察庁前の路上に麻雀卓をセットし始めたが、すぐに警察官が現われた。最初の警官が応援を呼んだのか、瞬く間にグループは多数の警官に囲まれる事態に。

開催前から「路上の占拠が問題になる」と指摘されていたが、やはり警官から「路上はだめ」と注意が入った。その後、警察との押し問答の末、グループは検察庁前での開催を断念。

その後、一行は開催場所を検察庁近くの日比谷公園に移動し、多数の警察に見守られながら麻雀大会はスタートとなった。黒川氏の名前にちなみ、黒色の麻雀牌が使われた大会は、東場一局めにリーチ、ツモの上がり、東場二局めにはリーチ、一発、ツモの上がりが見られ白熱。

しかし、 東場三局途中で、公園の閉園時間により無念の終了。肝心の「賭け」も成立しなかった。

日比谷公園で麻雀中

大会に参加した女性は、「(ネット上の)生配信もあったので、私の下手さがバレてしまいました。いつか安倍さんに気に入られて検事総長になれたら、霞ヶ関の中で堂々と麻雀大会をやりたいですね」と笑顔を見せた。

主催グループのリーダー男性は、「検察庁前で一局ぐらい打てるかなと思ったんですけどね。リーチ、一発、ツモ上がりがあったので、いい思い出にはなりました(笑)」と振り返っていた。