西村氏、宣言再指定の段階にない

東京と福岡、経路特定の割合高く

©一般社団法人共同通信社

西村経済再生相=25日夜、東京都千代田区

 西村康稔経済再生担当相は31日午前に記者会見し、東京都と福岡県に対する新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の再指定について「今の段階では考えていない」との認識を示した。東京都と福岡県は感染者が増加傾向にある。ただ医療機関などでの集団感染で増加しているため、感染経路や濃厚接触者を特定できている割合が高いとした。

 政府は宣言が最後に解除された北海道と東京都、埼玉、千葉、神奈川各県との間を除く府県をまたぐ移動に関し、6月1日から自粛を緩和するとの目安を示している。

 西村氏は「(移動自粛を緩和するという)全体としての方針に変更はない」と述べた。