祝!90歳 ハリウッドの巨匠クリント・イーストウッドの映画人生【後編】

©株式会社近代映画社

二度目のアカデミー監督賞受賞作「ミリオンダラー・ベイビー」

ハリウッド映画界を代表する監督・俳優のクリント・イーストウッドが、2020年5月31日で90歳を迎えます。マカロニ・ウエスタンへの出演、「ダーティハリー」の大ヒット、2度のアカデミー賞監督賞受賞など輝かしい経歴を持ち、いまだ現役で活躍を続けるイーストウッドのこれまでの映画人生を、4つの時代に分けて振り返ってみましょう。今回は後編です。(文・松坂克己/デジタル編集・スクリーン編集部)

前編はこちら↓

祝!90歳 ハリウッドの巨匠クリント・イーストウッドの映画人生【前編】 - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

Photos by Getty Images

クリント・イーストウッド

1930年5月31日、カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。高校卒業後に働いたあと軍に入隊し、除隊後に映画界入り。TV「ローハイド」で人気者に。イタリアでマカロニ・ウエスタン「荒野の用心棒」などに出演後ハリウッドに戻り、「ダーティハリー」(1971)の大ヒットでトップスターになる。「恐怖のメロディ」(1971)で監督デビュー。以後、俳優・監督として活躍。「許されざる者」(1992)と「ミリオンダラー・ベイビー」(2004)でアカデミー賞監督賞・作品賞受賞。

監督業で躍進

1993年 ついにアカデミー賞監督賞受賞

初めてアカデミー賞監督賞に輝いた「許されざる者」

亡くなった二人の監督、セルジョ・レオーネとドン・シーゲルに捧げられた〝最後の西部劇〞「許されざる者」(1992)で、ついにイーストウッドはアカデミー賞の監督賞に輝いた。こだわってきた西部劇での受賞はいかにもイーストウッドらしい。彼は製作も兼ねているので作品賞のオスカーも手に入れたわけだ。憎まれ役で共演したジーン・ハックマンも助演男優賞に輝いた。

イーストウッド62歳、これ以後、出演だけの作品は翌1993年の「ザ・シークレット・サービス」などほんの数本で、監督業に比重が移って行く。

年齢を活かした役回りで監督・主演

当時絶頂期だったケビン・コスナーを主演に迎えたロードムービー「パーフェクト・ワールド」(1993)、世界的ベストセラーの映画化でメリル・ストリープと初共演となった大人の恋愛ドラマ「マディソン郡の橋」(1995)、大統領の犯罪を目撃した男のサスペンス「目撃」(1997)、無実の死刑囚を救おうとする社会派サスペンス「トゥルー・クライム」(1999)といった監督兼主演作では60代という年齢を活かした役回りで、渋い燻銀の魅力を見せてくれていた。

メリル・ストリープ共演の「マディソン郡の橋」

その合間には若手のジョン・キューザックに主演させたサスペンス「真夜中のサバナ」(1997)のような監督のみの作品も送り出している。

出演者たちも次々とオスカー受賞

「ミスティック・リバー」では出演者にオスカーをもたらした

2003年の監督作「ミスティック・リバー」は人気作家デニス・ルヘインの傑作ミステリーの映画化だが、これでショーン・ペンがアカデミー賞の主演男優賞を、ティム・ロビンズが助演男優賞を獲っている。イーストウッドの演出力が傑出したものであることが再び証明された。この作品は作品賞・監督賞の候補にもなっていたのだが、それを逃した無念は、早くも翌年晴らされることになる。

二度目のアカデミー監督賞受賞作「ミリオンダラー・ベイビー」

「ミリオンダラー・ベイビー」がオスカーで作品・監督・主演女優(ヒラリー・スワンク)・助演男優(モーガン・フリーマン)の主要四部門を制したのだ。この時イーストウッドは74歳。監督賞受賞の最高齢記録だ。

出演しない監督作が続くが…

「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」製作報告のため来日も(右から二人目)

その後も、第二次世界大戦末期の悲惨な日米決戦〝硫黄島の戦い〞を日米双方の視点から描く二部作「父親たちの星条旗」(2006)「硫黄島からの手紙」(2006)、アンジェリーナ・ジョリーを主演に1920年代に実際にあった少年誘拐事件を描いた「チェンジリング」(2008)と監督作を送り出し続け、とても70代とは思えない精力的な活動を続けるイーストウッド。もう自身が主演することはないだろうと思われていたのだが……

音楽の面でも活躍

音楽担当としてだけ参加した「さよなら。いつかわかること」

イーストウッドは音楽の才能にも恵まれており、自作のスコアを度々担当してきている。音楽担当としてクレジットされたのは「ミスティック・リバー」(2003)からで、その後も「ミリオンダラー・ベイビー」(2004)、「父親たちの星条旗」(2006)、「チェンジリング」(2008)、「ヒアアフター」(2010)「J・エドガー」(2011)で音楽も担当、珍しいところではジョン・キューザック主演のヒューマン・ドラマ「さよなら。いつかわかること」(2007)では音楽・主題歌のみでクレジットされている。

熟練の域に入って

老いを感じさせた「グラン・トリノ」

2008年、イーストウッドは「ミリオンダラー・ベイビー」(2004)以来4年ぶりに自身の監督作に主演した。「グラン・トリノ」だ。

老人役を演じた「グラン・トリノ」

フォードの工場を勤め上げ、朝鮮戦争の帰還兵でもある男やもめの老人が、隣人のアジア系の家族とふとしたことから交流を深めていくヒューマン・ドラマだが、この時イーストウッドは78歳。画面からはさすがに老いが感じられ、彼も老人になったのだなぁと、若い時からの彼の出演作を見続けてきた人間としては感慨深いものがあった。

こんな年齢になっても次々新作を

この後もイーストウッドは、アパルトヘイト(人種隔離政策)撤廃後の南アフリカで開催されたラグビー・ワールカップの際の、ネルソン・マンデラ大統領と代表チームのキャプテンの絆を描いた実話の映画化「インビクタス/負けざる者たち」(2009)、死後の世界をテーマにしたスピリチュアルなヒューマン・ドラマ「ヒアアフター」(2010)、初代FBI長官ジョン・エドガー・フーバーの生涯をレオナルド・ディカプリオ主演で描いた伝記映画「J・エドガー」(2011)と監督作をコンスタントに送り出し続ける。

ディカプリオを主演させた伝記映画「J・エドガー」

70代後半から80代にかけてのことで、並の人間ならばそれこそ「グラン・トリノ」の主人公のように引退していておかしくない年齢なのだが、イーストウッドは微塵もそんな気配を見せず、軽やかに新作に次々取り掛かるのだ。

自分の監督作以外にも出演

19年ぶりに他の監督の作品に主演した「人生の特等席」

さらに2012年には、自身の監督作以外ではなんと19年ぶりの出演となる「人生の特等席」が公開された。引退を目前にした大リーグの老スカウトマンと疎遠だった娘の道行きが描かれる家族ドラマだが、監督は長年イーストウッド作品のプロデュースや助監督を務めてきたロバート・ロレンツ。弟子の監督デビューを、自分が出演することで祝ったような作品だった。

一貫して実在人物・事件をテーマに

イラク戦争を扱った「アメリカン・スナイパー」

最近のイーストウッド作品の一番の特徴は、すべて実話をベースにしていることだろう。人気ボーカル・グループ〝フォー・シーズンズ〞の伝記「ジャージー・ボーイズ」(2014)、イラク戦争時の伝説的狙撃者を描いた「アメリカン・スナイパー」(2014)、エンジンの停止した旅客機を無事にハドソン川に着水させた操縦士の物語「ハドソン川の奇跡」(2016)……最新作「リチャード・ジュエル」(2019)まで一貫して実在人物・事件を扱っているのは、イーストウッドにとって現実こそが最も興味を寄せる対象だからだろう。次はどんな事件を扱ってくれるか楽しみでならない。

現在のところ最新作の「リチャード・ジュエル」

子どもたちとの共演

「運び屋」のアリソンとクリント・イーストウッド

最近のイーストウッド作品の一番の特徴は、すべて実話をベースにしていることだろう。人気ボーカル・グループ〝フォー・シーズンズ〞の伝記「ジャージー・ボーイズ」(2014)、イラク戦争時の伝説的狙撃者を描いた「アメリカン・スナイパー」(2014)、エンジンの停止した旅客機を無事にハドソン川に着水させた操縦士の物語「ハドソン川の奇跡」(2016)……最新作「リチャード・ジュエル」(2019)まで一貫して実在人物・事件を扱っているのは、イーストウッドにとって現実こそが最も興味を寄せる対象だからだろう。次はどんな事件を扱ってくれるか楽しみでならない。

あわせて読みたい

これだけは観ておきたい クリント・イーストウッド必見作品10

これだけは観ておきたい クリント・イーストウッド必見作品10 - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)