南アルプス市で特産品のサクランボのドライブスルー販売 新型コロナの影響で売上ダウン

©株式会社テレビ山梨

新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ農家を支援しようと、山梨県南アルプス市では特産のサクランボをドライブスルー形式で販売しています。
南アルプス市徳永の農産物などを扱う「ハッピーパーク」では毎年6月上旬にサクランボ祭りを開いていますが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となりました。
そのため販路を失った市内の農家を支援しようと、こちらではドライブスルー形式でサクランボの販売を行っています。
サクランボは1パック200グラム入り800円で、31日は事前に予約をした人が訪れ、車に乗ったまま商品を受け取っていました。
サクランボのドライブスルー販売は6月14日まで行われています。