6月2日は「本能寺の変」 明智光秀の進軍ルートをたどる 記者3人で夜通し25キロ

©株式会社京都新聞社

月明かりに照らされる「明智光秀公像」(京都府亀岡市古世町・南郷公園)

 戦国武将・明智光秀が1582年(天正10)年6月2日、主君の織田信長を討った「本能寺の変」。教科書にも載る歴史上の出来事だが、光秀が前夜に京都市に隣接する京都府亀岡市の亀山城から出陣したことは意外に知られていない。謀反を起こす前の光秀はどんな思いを抱いていたのだろうか。今年の大河ドラマの主役になり例年になく脚光を浴びるなか、438年前に光秀の軍勢が夜通し京の本能寺へ向かったルートを記者3人がたどってみた。

■亀山城跡の隣接地から出発

 《亀岡は明治維新まで「亀山」と呼ばれていた。明智光秀は1577(天正5)年、丹波攻略の拠点として亀山城を築城した》

 午後10時 JR亀岡駅正面、南郷公園(亀岡市古世町)に、昨年5月にお目見えした「明智光秀公像」。亀山城の跡に隣接したこの場所を出発点とした。満月がこうこうと夜道を照らす。気分が高揚し、馬のいななきや軍勢のたけだけしい声が聞こえた気がした。
 <1582年(天正10年)5月26日、信長から西国出陣を命じられた光秀は丹波の亀山城に入り、翌日に戦勝祈願のため愛宕山頂にある愛宕神社(京都市右京区)に向かった。その後、6月1日午後10時ごろ、約1万3千の軍勢を率いて亀山をたったとされる>
 光秀は愛宕神社で戦勝祈願のために何度もおみくじを引いたという。亀山城を出発する時には決意が固まっていたのだろうか。

■静まり返った旧山陰街道を東へ

 午後10時半 国道9号ではなく、静まりかえった旧山陰街道を東へ進む。昔ながらの立派な虫籠[むしこ]窓の家が散見され、城下町の面影を感じる。光秀たちはたいまつに明かりをともして進んだのだろう。
 午後11時 光秀の軍勢が集結したとされる篠村八幡宮(亀岡市篠町)に到着。思いの外、境内が広い。大勢で士気を高めるにはうってつけの場所だと感じた。室町幕府の初代将軍足利尊氏が鎌倉幕府を倒幕する際に挙兵した場所ともされ、光秀はそれにあやかったのか。
 午後11時半 街道沿いの王子神社(同町)で、高さ約28メートル、幹回りが約5メートルもある巨大なツブラジイに圧倒された。そこから府道を離れ、旧街道の細い農道に入る。前方に山容のシルエットが立ちはだかる。勾配がきつくなっていき、うっそうとした竹やぶを通り抜けた。振り返れば、市街地の明かりがはるか遠くに望めた。もう後戻りはできない。車が行き交う国道9号に合流し、車道脇を進む。暗がりから「ピィーッ」とシカらしき鳴き声が響いた。

 

■京へ向け一気に坂道を下る

 午前0時 峠道を登り切り、老ノ坂トンネル前に到着。出発から2時間。ここで休憩する。日付が変わり、いよいよ京に向けて一気に坂道を下ることになる。明け方までに本能寺跡に着かなくてはならない。
 午前0時半 老ノ坂トンネル(全長225メートル)を抜けると、間もなく「京都市」の案内標識が見えた。旧国名の「丹波」から「山城」へ。山間部の暗闇の中、国道9号を1列になって一気に下る。路側帯は細くて危険なため、大型トラックに蛍光反射たすきや懐中電灯でアピールした。

 午前1時 老ノ坂を下り、再び分岐している山陰街道を進む。この辺りにも、亀岡市内で散見されたような、虫籠[むしこ]窓が特徴的な町家が多い。昔の人々も丹波との往来にこうして街道を歩いたのだろう。国道9号樫原秤谷交差点をわたると、洛中の明かりが見えてきた。

■「明智川」の駒札発見

 午前2時 西京区の樫原交差点の手前、暗がりに偶然見つけた駒札に「明智川」の文字が浮かぶ。近くを静かに流れる用水路の別名らしい。「本能寺の変から引き上げる途中の光秀が、この場所で落馬。光秀を助けた村民が水不足を解消してほしいと申し出、直ちに着工した」と記述がある。「三日天下」として知られる光秀が用水路を建設したとは信じがたいが、明智川の名は住民が光秀に親しみを感じている証しかもしれない。

■「敵は本能寺にあり」号令

 午前3時 桂離宮を通り過ぎ、ついに桂川に差し掛かった。ここがまさに約1万3千の軍勢を率いた光秀が信長討伐の意を打ち明け、有名な号令を発したとされる場所だ。記者3人も力を込めた。「敵は本能寺にあり!」
 桂川の川幅の広さに気付く。当時は橋は架かっていなかったはず。桂橋から北西側を振り返ると、暗闇に愛宕山のシルエットが浮かんでいた。

 《山頂付近の愛宕神社は光秀が戦勝祈願で参拝し、翌日の連歌会で「時はいま-」としたためたと伝わる》

 いよいよ本能寺に攻め入る途上、光秀も愛宕山を遠く仰ぎ、心中に沸き立つ決意があったのではないか。堂々と鎮座する山が背中を押してくれるように思えた。
 午前4時 冷え込みもあって記者3人には疲れがにじみ、足取りが重くなってきた。七条通をひたすら東に進み、西洞院通から北上する。もうすぐ蛸薬師通だという時、小鳥のさえずりが聞こえた。

■「本能寺跡」に到着、攻め入る体力はもう残っていない

 午前5時 東の空が青みがかってきた。目指す「本能寺跡」の石碑は、中京区油小路通錦小路上ルの一角にたたずんでいた。想像以上にひっそりとしていた。寺域は東西150メートル、南北300メートルと伝わる本能寺跡にようやくたどり着いたのだ。
 亀岡市の「明智光秀公像」前を出発して7時間。スマートフォンの歩数計で約3万7700歩、約25キロをひたすら歩いてきた。安堵もあって疲労がどっと押し寄せる。いや、光秀ら軍勢にとってはここからが戦の本番だった。記者たちに本能寺に攻め入る体力はもう残っていない。3人で顔を合わせて思わず苦笑した。

 光秀はなぜ謀反を起こしたのか―。本能寺の変の真相は定かではない。ただ、記者たちが実際に進軍ルートを歩いて実感したことは、丹波亀山城と京の本能寺との絶妙な距離感だ。前夜に出発すれば人目に触れず、ちょうど一晩で歩き通して急襲できる。そして、本能寺の変の全容が謎に包まれているからこそ、時を経て自ら光秀の足跡をたどることにロマンを感じるのかもしれない。

明智光秀の軍勢が集結したとされる篠村八幡宮。足利尊氏が旗揚げをした地と示した石碑もある(亀岡市篠町)
 
亀岡側から峠道を登って、たどり着いた老ノ坂トンネル。この先は京都市だ(亀岡市篠町)
暗闇に包まれた国道9号老ノ坂(京都市西京区大枝)
 
桂川に架かる桂橋から北西に望む愛宕山(京都市西京区桂)
本能寺の跡地に立つ石碑(京都市中京区油小路通錦小路上ル)