〈年金だより〉国民年金保険料の納付が困難な場合は免除申請ができます

©株式会社VOTE FOR

経済的な理由などで国民年金保険料を納めることが困難な場合は、申請により承認されると、保険料の支払いが免除されます。

原則として毎年度、役場住民環境課への申請が必要で、本人と配偶者、世帯主の前年所得に基づき審査があります。免除の期間は7月から翌年6月まで。申請日から2年1か月前までさかのぼって申請できます。申請には、(1)マイナンバーがわかるもの、(2)本人確認書類が必要です。

また、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し、保険料の納付が困難になった人も申請により納付が免除される場合があります。申請方法は左記までお問い合わせください。国民年金保険料の納付が困難な場合は免除申請ができます