商店街の「仲間」でおいしいコラボ 三条・TREEと韓国料理店

©株式会社新潟日報社

「Moon’s」の鄭文洙さん(左)と「TREE」の今井将智さん=三条市
同じ商店街の2店がコラボレーションした「プルコギハンバーガー」

 新潟県三条市の一ノ木戸商店街にある中心市街地拠点施設「TREE(ツリー)」が、商店街の空き店舗を改修して今春開店した韓国料理店「Moon’s(ムーンス)」とコラボレーションした「プルコギハンバーガー」の販売を始めた。新型コロナウイルスの影響下、ご近所同士で協力していこうと企画した。

 甘だれに漬け込んだ牛肉と野菜を炒めたプルコギをバンズに挟んでいる。

 ムーンスは韓国出身の鄭文洙(ジョンムーンスー)さん(42)が3月下旬にオープンした。ヨーロッパや東京での生活を経て、妻が燕市出身であることが縁で同商店街に店を構えることを決めた。しかし、ウイルスによる影響拡大の時期と重なってしまった。

 TREEは元々ハンバーガーを目玉メニューにしている。デリバリーやテークアウトにも対応している。コラボを提案した取締役の今井将智さん(28)は「力を合わせることで、今までなかったメニューを提供でき、ウイルスで疲れているお客さんを楽しませることができる。ムーンスさんのようにデリバリーができない飲食店の手助けにもなると思った」と話す。鄭さんは「商店街の仲間として声を掛けてもらってうれしかった」と感謝している。

 「プルコギハンバーガー」は700円で、1日10個限定。問い合わせはTREE、0256(55)1162。