広瀬アリス「世にも奇妙な」初出演!「夏にゾワゾワして」

©株式会社東京ニュース通信社

広瀬アリスが、今夏放送のフジテレビ系オムニバスドラマ「世にも奇妙な物語 ’20夏の特別編」(日時未定)に出演する。1990年4月にレギュラードラマとして放送を開始し、その後は特別編という形で年に2度放送を続けるスタイルで、これまで各時代を代表するような作家や脚本家と豪華俳優を掛け合わせることによって奇妙な物語の世界観を作り出してきた本シリーズ。今回の放送で30周年という大きな節目を迎える。

広瀬が主演するのは、4エピソードのうちの一つ「しみ」。クリーニング店の一人娘・三浦あずさ役で、黒ずくめの謎の女(関めぐみ)にシャツについたチョコレートのしみをとってほしいと依頼されたことから、自らの隠された過去を知ることになる。撮影は緊急事態宣言発令前の都内で、コロナウイルス感染拡大防止対策を講じた上で行われたという。

広瀬は同ドラマへの初出演に「10代の頃から見ていたのでとてもうれしかったです。少し現実離れしたお話が多く、その中でもいろいろなジャンルがあるので、どのテイストのお話をやるんだろうと楽しみにしていました」と喜色満面。また、放送に向けて「たくさんの方から愛されてきた『世にも奇妙な物語』。私自身、最近コメディータッチのものが多かったので、シリアスな新たな一面を見ていただけると思います。ぜひ、夏にゾワゾワしてください」と語っている。

そして、編成企画の渡辺恒也氏は「今年で放送開始30周年を迎える『世にも奇妙な物語』はこれまで、奇妙な出来事を通して、人間や社会の奥底にあるさまざまな感情や矛盾を表現してきました。『しみ』は、落とそうと思っても落とすことができない目に見えるしみの中に、目には見えない人の恐ろしさが潜んでいた、というお話です。『しみ』はコロナ禍の影響が本格化する前に撮影していたものですが、今もなお人と人との間の距離を取ることを余儀なくされている中、フィクションの世界を通して人間の深淵に触れていただければと思います。また、ラストには『世にも奇妙な物語』らしく予想を裏切る展開が待ち受けていますので、ぜひ最後までお見逃しなく!」とアピールしている。