フェラーリF1からライコネンへプレゼント。跳ね馬で最後の勝利を挙げた『SF71H』を贈る

©株式会社サンズ

 スクーデリア・フェラーリは、かつてチームに所属していたキミ・ライコネン(現アルファロメオ)に1台のマシンを贈った。そのマシンとは、フェラーリの2018年型マシン『SF71H』だ。これは、ライコネンがフェラーリで最後の勝利を挙げたマシンでもある。

 2001年にザウバーからF1デビューを果たしたライコネンは、マクラーレンを経て2007年にフェラーリへ移籍し、その年にF1チャンピオンに輝いた。その後2009年シーズンを最後にチームを離れ、ラリーに転向。2012年にロータスからF1に復帰し、2014年に再びフェラーリの一員となった。

 そしてフェラーリ最終年となった2018年には、第14戦イタリアGPでポールポジションを獲得。第18戦アメリカGPでは逆転で5年ぶりの優勝を飾り、ドライバーズ選手権では3位という成績を残した。

2018年F1第18戦アメリカGP 表彰式

 ライコネンは、SF71Hが届いた時の様子や、彼のモトクロスバイクとともにマシンが保管されている様子をインスタグラムのストーリーに掲載。すでに投稿から24時間以上が経過してしまっているため現在その投稿を見ることはできないが、フェラーリの公式ツイッターには、マシンが届いた際の写真が投稿されている。