長く使いたい!ラフィア素材の「かごバッグ」を今っぽく使いこなす4つのコツ

©株式会社大新社

コーデに季節感を加えてくれる「かごバッグ」。

普段シンプルな装いが多い人であれば、季節限定の小物はファッションの衣替えの役割として大活躍します。

寒い季節が終わったら、さっそくかごバッグの出番♪
今年の夏はスタイリッシュに取り入れてみませんか?

そこでラフィア素材のかごバッグを使ったコーデのコツをご紹介します。

ヤシの葉で作られた《ラフィア素材》

出典:『bo-te』

かごバッグの中でも、ラフィア椰子(ラフィアヤシ)の葉を乾燥させたもので作られた一品は使い込むほどに艶が出て、その変化もこの素材の魅力のひとつです。

今までは、かごバッグの素材にまで気が回らなかった方も多いのではないでしょうか?
これからは身につける物の品質にも向き合い選ぶ時代です。

ラフィアだけでなく麦や紙、パナマなど素材ももあなたらしい一品を身につけたいですね。

それではラフィア素材のバッグを使って、スタイリッシュにコーデするコツをご紹介していきましょう♪

主役カラーのワンピースを引き立たせる淡いカラーの小物たち

出典:『bo-te』

オレンジブラウンの鮮やかなカラーワンピースを主役にしたコーデ。
淡いカラーの小物を添えてワンピースを引き立てています。

出典:『bo-te』

アクセサリーを楽しむように持ちたいバッグ。
個性的なフォルムも、ナチュラルなかご編みなら優しい存在感に。

Iラインでまとめたコーデに四角いアクセント

出典:『bo-te』

ノースリーブのワンピースにワイド幅のパンツをレイヤード。
すっきりIラインでまとめた全身コーデに、角のあるスクエアフォルムのバッグがアクセントになっています。

出典:『bo-te』

近年、大きめトートなどビッグシルエットのバッグがトレンドに。
ラフィア素材で取り入れれば、人より抜き出たファッションが完成♪

お休み気分がUP!デニムとラフィア素材の組み合わせ

出典:『bo-te』

キャミソールとデニムパンツのシンプルスタイルに、ふわりとガウンカーディガンをプラス。
こなれたカジュアルスタイルの完成です。

デニムパンツにラフィア素材を添えると、よりラフな雰囲気がUP。
リラックスしたい休日にぴったりですね♪

ブラックドレスに季節の表情をバッグでプラス

出典:『bo-te』

着回し力の高いブラックカラーのワンピース。
合わせるアイテムで全身のイメージが変わるアイテムです。

ラフィア素材バッグを添えると、季節感のあるカジュアルスタイルに一歩近づきます。

ブルー系×天然素材は太陽が似合う黄金コンビ

出典:『bo-te』

ストライプ柄のロングシャツを揺らめかせたデニムパンツルック。
ブルー系カラーの服装と天然素材の小物は、太陽が似合う組み合わせ♪
暑い季節に爽やかなムードを着こなせそう!

出典:『bo-te』

合わせたのは長方形のラフィア素材バッグ。
ボストンバッグのようでひと味違う四角いフォルムがモードな存在。

かごバッグのマンネリはラフィア素材で打破

使うほどに味が出るラフィア素材のバッグ。

年を重ねるごとに風合いが変わると、コーデの配色やムードもおのずと変わっていきそう。

毎年ワンパターンになりやすいかごバッグのコーデも、ラフィア素材のおかげで夏のコーデを考えるのも楽しくなりそうですね!