岡山・宝伝の通学路清掃たたえる 豊田さん兄妹に県わかば賞贈る

©株式会社山陽新聞社

表彰を受ける有季歩さん(中央)、円太郎さん(左)

 岡山市東区宝伝地区で通学路の清掃奉仕に取り組んだ城東高(中区下)1年の豊田円太郎さん(15)と、妹で朝日小(東区西片岡)6年の有季歩さん(11)に5月29日、青少年の善行をたたえる「県わかば賞」が贈られた。

 通学路に捨てられているごみがゴールデンウイーク中に増えていると気付いた兄妹は、母の梢さん(41)とともに3時間かけて掃除した。拾った空き缶やペットボトルなどは、45リットル入りごみ袋五つ分にもなったという。

 朝日小で伝達式があり、浮田孝允朝日学区連合町内会長から賞状などが手渡された。円太郎さんは「掃除してみると想像以上にごみが多くて驚いた。今後も続けていきたい」と話した。