スカイスキャナーが調査!コロナ禍により、旅行者の意識はどう変わる?

©株式会社オンエア

国内外の航空券・ホテル・レンタカーの比較検索サービスでおなじみの、スカイスキャナーが「新型コロナウイルス感染症と旅行に関する意識調査」を発表しました!旅行者3,000人以上を対象に、コロナ禍による旅行への意識の変化についてアンケートを実施。日本・韓国・イギリス・アメリカでの結果を比較しています。コロナ禍において、旅行者の意識はどのように変化したのか興味深いですね。

実際に海外旅行に行きたいタイミングはいつ?

「感染の心配がないと思えたとき/航空券が手の届く価格になったとき/好きな航空会社がフライトを再開したとき/WHO(世界保健機関)がパンデミックの終息を公に宣言したとき/ワクチンの接種を受けられたとき/海外に住む家族に会わなければならないとき/自分や家族の仕事が保証されたとき/その他」から選択

渡航・入国制限などが解除されたうえで、実際に海外旅行を再開したいと思うタイミングを聞くと、日本・韓国・イギリスでは「感染の心配がないと思えたとき」、アメリカでは「航空券が手の届く価格になったとき」と答える人が約4~5割を占め最多という結果に。

どの項目が実現したら、実際に旅行をしようと思いますか?

「キャンセル時に100%払い戻し可能・手数料無料の航空券を航空会社が提供している/キャンセル時に100%払い戻し可能な航空券やツアーを旅行会社が提供している/航空会社が優れた衛生管理をしている/ホテルがディスカウントをしている/旅行先の政府が新型コロナウイルス関連の検査を必須としている」から選択(複数回答可)

実際に旅行を予約しようとする際には、 「キャンセル時に100%払い戻し可能・手数料無料の航空券を航空会社が提供している」ことがいずれの国でも約6~8割を占めており、重要視されていることがわかります。

今後の見通しが立ちづらいなか、航空券に対しては柔軟性に対応してもらえることが望まれています。

旅行先を決めるときに重要視することは?

「旅行先での安全性/渡航制限が解除されていればどこでも/憧れの旅行先であること/費用/家族と一緒に過ごせること/サステナビリティ(持続可能性)」から選択

日本・韓国では「旅行先での安全性」、イギリス・アメリカでは「費用」が最多という結果にわかれました。日本では、2番目に「渡航制限の解除」が入っており、これは他国にはない傾向です。

コロナ禍後、旅行スタイルはどのように変わると思いますか?

コロナ禍後の旅行スタイルの変化については、日本・韓国では「旅行の時期に注意する」「感染リスクが低い旅行先を選ぶ」といった慎重な答えが約5割を占める結果となりました。一方、イギリス・アメリカでは「旅行の頻度を増やす」「より冒険的な旅をする」と回答した人の割合が日本・韓国を大きく上回り、これまで控えていた分、旅行が可能な状況になればさらに楽しみたいという意欲的な声が目立ち、日本・韓国とは異なる傾向がみられました。

なお、「旅行の頻度を減らす」とした人は、いずれの国でも1割以下とごく少数に留まりました。(複数回答可)

「サステナブル(持続可能)な旅」について、意識は変わりましたか?

旅のサステナビリティ(持続可能性)については、韓国で最も大きな意識変化がみられ、「旅行時にはサステナブルな選択をしたい」という人は約6割に上る結果になりました。

【調査概要】

新型コロナウイルス感染症と旅行に関する意識調査

実施期間:2020年5月13日〜25日(日本)/5月13日〜27日(韓国)/4月22日〜5月5日(イギリス、アメリカ)

調査方法:インターネットアンケート調査

調査対象:調査期間中にスカイスキャナーのウェブサイトを閲覧した人

有効回答者数:3208名(日本600名、韓国551名、イギリス1463名、アメリカ594名)

スカイスキャナーHP:https://www.skyscanner.jp

[PR TIMES]