宗像大社で末社の遷座祭、福岡

世界遺産、修復に先立ち

©一般社団法人共同通信社

福岡県宗像市の宗像大社で開かれた仮殿遷座祭=1日夕

 世界文化遺産「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を構成する宗像大社(福岡県宗像市)で1日、九州本土にある「辺津宮」本殿を囲む末社の修復に先立ち、末社のご神体を仮の住まいに移動する「仮殿遷座祭」を開いた。遷座祭は秘儀とされている。

 宗像大社などによると、末社の修復は約50年ぶり。2012年度から始まり、10年ほど続く大規模改修「平成ノ大造営」の一環で、大社にゆかりのある121の神社にいる神々を祭る24の末社が対象となる。既に辺津宮本殿や沖ノ島の「沖津宮」社殿などは修復を終えている。