三宅町長選挙 新人の志野尚司さんが出馬表明

©奈良テレビ放送株式会社

 7月に任期満了を迎える三宅町の町長選挙に、新人の志野尚司さんが出馬する意向を明らかにしました。

 志野さんは現在61歳、三宅町出身で昭和58年に農林水産省に入省後、水力発電や道路整備などのインフラ事業のほかダムなどの公共事業に長く携わりました。

会見で志野さんは、過疎化が進む三宅町を再生させるためには、国の制度の活用や競争力のある産業の育成が欠かせないとして、町政に挑む姿勢を示しました。

志野尚司さん

「ずっと人口減少が進んでいくのを抑制するためには、いま取り組んでいくしかない。(その思いで)立候補した次第です。」

 三宅町長選挙には、現職の森田浩司町長のほか、元町長の志野孝光さんも既に出馬を表明しており、三つ巴の戦いとなる見込みです。