桜井市の聖林寺 観音堂改修で「十一面観音菩薩像」写真集

©奈良テレビ放送株式会社

 桜井市にある聖林寺の国宝十一面観音菩薩像の写真集が、この程、完成し、きょう十一面観音に供える献本式が行われました。

 聖林寺の国宝十一面観音菩薩像は奈良時代の作とされ、その美しさはフェノロサなど多くの人を魅了してきました。

きょうは、像の前に完成した写真集が供えられました。写真集は、十一面観音菩薩像を安置する観音堂が建築されて60年以上が経ち改修が必要なことから、支援を募ろうと企画されました。

写真は大正から昭和にかけて撮影されたものが多く、今回、初めて紹介される貴重な作品も収められています。

初版は約5000部が発行され、寺で購入できるほか書店やインターネットでの販売も行われています。

なお、観音堂の改修は来年夏ごろから予定されており、聖林寺では「写真集を通して寺に関心を持ってもらえたら」と話しています。