アメリカの黒人男性死亡抗議デモ、ついにGUCCIも襲撃

©草の実堂

GUCCI ※イメージ画像

5月25日、アメリカのミネソタ州ミネアポリスで、黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警官に押さえつけられ死亡したことをきっかけに始まった抗議デモは、ついに6日目に突入。勢いは収まらず少なくとも全米75都市に拡大し、州兵が動員される事態となっている。

デモは時間とともに窃盗が相次ぎ、GUCCIやルイヴィトンなどの高級店もターゲットとされ始めた。

「これは平和な抗議ではない」という反発の声も多く、フロイドさんの弟のテレンスさんも暴力的な抗議を批難している。

既に4000人以上が逮捕され、トランプ大統領も警備をさらに強化するとツイート。また暴徒化した原因は極左組織「ANTIFA」(アンティファ)の仕業だと主張。

ANTIFA」をテロ組織に指定すると表明した。