42歳、結婚の予定なし…貯金120万円で老後が心配です

©株式会社オールアバウト

相談者は、貯金が少なく老後が不安だという42歳の一人暮らしの女性です。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

転職すれば2万~3万円のアップも見込めますが貯金にまわしたいと思います

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、貯金が少なく老後が不安だという42歳の一人暮らしの女性です。

ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

相談者

ロールキャベツさん

女性/会社員/42歳

関東/借家

家族構成

一人暮らし

相談内容

社会人を経験したのち、資格をとり、現在の仕事をして数年目になります。無利子で借りた奨学金返済が毎月6000円あります。ボーナスが支給されたら、奨学金と個人年金の半年分9万6000円の引き落としにまわします。

個人年金は給与からまわせたら一番いいですが、貯金だと思っているのでボーナスからでも今はいいかなと思っています。趣味の中には、化粧品代と習い事代が入っています。小遣いの中に、美容院、服代も含まれています。

相談内容は、将来結婚する予定はなく、貯金額も少ないので、老後が心配です。転職すれば2万~3万円のアップも見込めますが、もし収入がアップしてもそれは貯金にまわしたいと思っています。個人年金は65歳以降毎年30万円ほどが10年間支払われます。よろしくお願いします。

家計収支データ

ロールキャベツさんの家計収支データは図表のとおりです。

相談者「ロールキャベツ」さんの家計収支データ

家計収支データの補足

(1)ボーナスの使い道について

相談者コメント「ボーナスは最低65%は貯金するようにしています。それまでのボーナスは、試験を通るまでに借りたお金を返すお金にあてたりしていたので、きちんと貯金はできていません。現在の貯金額の中に今までのボーナスの貯金も含まれています。貯金額のうち、いくらが今までのボーナスからの貯金額かは不明です。残ったボーナスのお金は基本的に自由に使うお金で、毎月の給与から払うのが難しい教育費などにあてています」

(2)保険について

・医療保険=毎月の保険料1万円

・個人年金保険(60歳払い込み。65歳から10年確定、年金額31万2000円)=毎月の保険料1万円

(3)奨学金について

相談者コメント「残りの金額は40万円ほど。返済終了までの年数は5年程度です。給与にもう少し余裕ができたら、奨学金の毎月6000円をボーナスから補てんするのではなく、給与から支払っていきたいと考えています」

(4)ご家族について

相談者コメント「実家は持ち家ですが、帰る予定はありません。老後の生活は具体的に考えていません。親や兄弟を考慮する必要はありません」

(5)今後の仕事について

相談者コメント「新型コロナウイルスの影響で働き方などの変化はなく、今までどおり仕事はできています。転職したとしても、今の年収より下がるところには再就職はしないつもりです。最低でも今の年収はキープできるところに再就職するつもりです」

FP深野康彦の3つのアドバイス

アドバイス1:心配は無用。順調にいけば65歳までに1500万円貯蓄可能

アドバイス2:65歳以降は、少し支出を減らして、貯蓄をキープする

アドバイス3:300万円程度の貯蓄ができたら、iDeCoの活用も

アドバイス1:心配は無用。順調にいけば65歳までに1500万円貯蓄可能

国家資格をとられて、よく頑張ってこられました。長く働くことも考えておられるようですから、問題ありません。安心してください。ロールキャベツさんが公的年金受給開始の65歳までに、どのくらい貯蓄が可能か、順番にみていきましょう。

毎月貯蓄が1万5000円、年間で18万円。ボーナスからは65%を貯蓄されているので39万円、合計57万円。ボーナスからの貯蓄を少し上乗せして、年間で60万円貯蓄できるとします。定年退職が60歳として、残り18年。1080万円になり、現在の貯蓄120万円と合わせて1200万円貯めることができます。

定年退職が65歳であれば、プラス300万円で1500万円となります。さらに、退職金があれば、上乗せになりますが、詳細がわからないので、ここでは加味していません。

また、あと約5年で奨学金の返済が終わりますから、それ以降は年間7万2000円が浮き、13年で約94万円を貯蓄に上乗せできます。ただ、ここまで頑張ってきたわけですから、貯蓄のペース次第ですが、このお金は旅行などの楽しみや、趣味に使っていいと思います。

アドバイス2:65歳以降は、少し支出を減らして、貯蓄をキープする

65歳以降は、公的年金と個人年金が収入となります。公的年金の見込み額がわかりませんが、月額10万円程度とし、個人年金が月額約2万6000円。12万6000円が収入となります。その時点での支出を少し減らして、月17万円とすると、4万4000円の赤字となり、年間で約53万円、10年で530万円を貯蓄から取り崩すことになります。75歳時点での金融資産は970万円となります。

75歳からは、公的年金のみとなり、支出が17万円とすると、月7万円の赤字、年間84万円を貯蓄からカバーしていくことになります。970万円は11年、ロールキャベツさんが86歳まで持ちます。

ただ、ここまでの計算は、現状の家計収支が変わらないことを前提していますし、退職金の有無、公的年金の見込み額も推定で試算しています。

たとえば、現状の支出でも、趣味娯楽費、小遣いで5万4000円です。ここを少し見直すなどして、毎月の貯蓄額をあと2万円増やせれば65歳までに552万円増やせます。75歳時点の970万円に加えて1520万円。年間84万円の不足だとしても、93歳まで大丈夫ということになります。

今後、転職して収入が増えれば、その分は貯蓄されるということですから、さらに安心感が増すでしょう。

これから不確定要素はありますが、貯蓄のペースを崩さず、少しだけ家計を見直すことで、将来の金銭的な不安は解消できると思いますよ。そのためには健康を維持していくとが、なによりも大切でしょう。

アドバイス3:300万円程度の貯蓄ができたら、iDeCoの活用も

現在、貯蓄は、普通預金のみで120万円ということで、心細いかもしれませんが、3年頑張れば300万円貯まっているはずです。300万円あれば、何かあっても、ひとまず対応することができるでしょう。まずは、3年で300万円を目標にしてみてください。

そのとき、ロールキャベツさんは45歳。60歳までの貯蓄や資産運用の方法として、iDeCo(個人型確定拠出年金)への加入を検討してみてもいいでしょう。収入がアップしていれば、その分をiDeCoの掛金とするのがいいかもしれません。掛金は全額、所得から控除されるので、節税効果もあります。少なくとも15年は運用でき、積立投資ですから、価格変動のリスクを抑えることもできます。

いますぐではなく、300万円貯まったら始めるつもりで、勉強してみてくださいね。死亡保障は不要なので、加入保険は医療保険だけで大丈夫です。

大変な時期ですが、どうぞ、お身体に気を付けてください。

相談者「ロールキャベツ」さんより寄せられた感想

プロの方にアドバイスをいただいて安心できました。ずっと元気で働けるように健康維持に留意していきたいです。

教えてくれたのは……深野 康彦さん

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文/伊藤加奈子

(文:あるじゃん 編集部)