黒人暴行死のデモ制圧へ軍投入も

米大統領「国内テロ」と非難

©一般社団法人共同通信社

1日、米ワシントンのホワイトハウス近くで、デモ参加者らとにらみ合う治安部隊(UPI=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は1日、中西部ミネソタ州の白人警官による黒人男性暴行死事件を巡る全米での抗議デモ激化を受け、ホワイトハウスで演説した。デモの一部暴徒化を「国内テロ行為」と非難した上で、各州知事らに直ちに州兵を動員して制圧するよう要求、拒否すれば連邦軍を投入すると宣言した。事件から1日で1週間。デモは各地で続いており緊張が高まっている。

 新型コロナウイルス対応の遅れで批判を受けるトランプ氏は、11月の大統領選をにらみ強硬姿勢を示して保守層の支持固めを狙ったとみられる。デモ参加者の大半は平和的に行動しており、強権的手段は分断を深めかねない。

人種差別抗議に対する声明を発表するトランプ米大統領=ホワイトハウス(ロイター=共同)
サンタモニカ埠頭の入口を封鎖するカリフォルニアの州兵=1日(ロイター=共同)