開幕から1か月で移動の厳しい球団はどこ? 最多は広島の6回、開幕ダッシュに影響は…

©株式会社Creative2

広島・佐々岡監督【写真:荒川祐史】

西武、ヤクルトは開幕から本拠地15連戦、阪神は7月7日から甲子園で15連戦

日本野球機構は1日、6月19日に開幕を迎える2020年シーズンの公式戦日程の一部を発表した。発表されたのは6月19日から、セ・リーグが7月23日まで、パ・リーグは7月19日まで。開幕戦は巨人対阪神(東京D)、ヤクルト対中日(神宮)、DeNA対広島(横浜)、西武対日本ハム(メットライフD)、オリックス対楽天(京セラD)、ソフトバンク対ロッテ(PayPayドーム)の6試合で、全て18時開始のナイトゲームで行われる。

新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期となった2020年シーズン。120試合程度でシーズンが行われる予定となっており、今回発表された序盤1か月の日程では、移動による感染リスクを減らすために工夫された日程となっている。

セ・リーグは関東圏に3球団が集中していることもあって、1カード3連戦、週2カードで6連戦という日程になった。一方のパ・リーグは球団が全国に点在していることもあって、1カード6連戦というスケジュールに固まった。

120試合という従来よりも23試合少ない試合日程、かつ6連戦が続く過密日程となるだけに、開幕からのスタートダッシュがシーズンの行方を左右するとの声もある。そこでそのスタートダッシュの鍵を握る各球団の序盤1か月の日程の開催地と移動予定を詳しく見ていこう。(=は移動なし、→は移動、●は移動ゲーム)

【巨人】
東京D=東京D=神宮=東京D=東京D→甲子園=ほっと→マツダ→●横浜→ナゴヤ
(移動3回、移動ゲーム1回)

【DeNA】
横浜=横浜=横浜=東京D=神宮→マツダ→●甲子園→ナゴヤ→●横浜=横浜
(移動4回、移動ゲーム2回)

【阪神】
東京D=神宮=横浜→ナゴヤ→●マツダ→甲子園=甲子園=甲子園=甲子園=甲子園=甲子園
(移動3回、移動ゲーム1回)

【広島】
横浜=東京D→●ナゴヤ→神宮→●マツダ=マツダ→●ナゴヤ→マツダ=マツダ→甲子園
(移動6回、移動ゲーム3回)

【中日】
神宮=横浜→●ナゴヤ=ナゴヤ→●東京D→ナゴヤ=ナゴヤ=ナゴヤ→●甲子園→ナゴヤ
(移動5回、移動ゲーム3回)

【ヤクルト】
神宮=神宮=神宮=神宮=神宮→ナゴヤ→●ほっと=甲子園→●マツダ→横浜
(移動4回、移動ゲーム1回)

西武は開幕1か月で移動は1回だけ、ソフトバンク、ロッテ、日本ハムは4回ずつ

セ・リーグでは関東圏に本拠を置く巨人、DeNA、ヤクルトの本拠地で試合が組まれている。この3球団は5カード連続で関東で試合を戦い、ヤクルトは15試合全てを神宮球場で戦う。一方の阪神と広島は敵地での試合が続き、本拠地に戻るのは広島が7月3日、阪神は7月7日になってから。ただ、阪神はその7月7日から5カード15試合連続で甲子園での試合が続く。ヤクルトは真逆だ。

移動回数で見ると、巨人と阪神が3回と少なくなっている。阪神は序盤に関東で試合を続け、その後は甲子園で15連戦で組まれていることから移動回数が少ない。巨人は7月10日からのヤクルト戦をほっともっとフィールド神戸で開催することから移動回数を減らしている。移動が多いのは広島の6回、中日の5回。この2球団は移動ゲームも3試合組まれており、日程的な負担はやや大きいか。

【西武】
メットD=メットD=メットD=ZOZO→楽天生命
(移動1回)

【ソフトバンク】
ペイペイD→メットD→札幌D→ペイペイD→京セラ
(移動4回)

【楽天】
京セラD→楽天生命=楽天生命→ペイペイD→楽天生命
(移動3回)

【ロッテ】
ペイペイD→ZOZO→楽天生命→ZOZO→札幌D
(移動4回)

【日本ハム】
メットD→楽天生命→札幌D→京セラD→札幌D
(移動4回)

【オリックス】
京セラ→ZOZO→メットD→京セラ=京セラ
(移動3回)

一方でパ・リーグは同一カード6連戦となっており、移動は多くなく、毎週月曜日の1回だけとなる。その中で西武は開幕から3カード、15試合連続で本拠地メットライフドームでの試合が続く。その後もZOZOマリンでのロッテ戦で、開幕後の1か月で移動は1回だけ。対照的にソフトバンク、ロッテ、日本ハムは2カード続けて本拠地で戦うことは序盤の1か月はなく、それぞれ4回ずつ移動が入っている。

序盤に本拠地での試合が続けば、当然、1か月後以降の日程で厳しいスケジュールが組まれることにはなるだろう。未曾有の事態の末に迎えるシーズン開幕だけに不規則な日程になるのは仕方ないもの。決まった日程の中で開幕ダッシュを決めるのは、一体どこの球団になるだろうか。(Full-Count編集部)