ネコ好き必見の眉メイクセットかukaペディキュアセットがついてくる

©株式会社ジェイ・キャスト

女性誌「GLOW(グロー)」2020年7月号と、増刊の付録がかわいくて豪華だ。ネコ好き&オシャレ好きなら絶対に見逃せない付録の内容を紹介していこう。

7月号の付録は、インスタで話題のネコ「マッシュ」と「ポテト」柄の眉メイクセット

写真は、「GLOW」2020年7月号の付録(宝島社)。(撮影:BOOKウォッチ編集部)

通常の7月号は、多くの女優から信頼される人気のヘア&メイクアーティスト岡野瑞恵さんが監修した「大人の眉メイク4点8色セット」。パレットには、岡野さんの飼いネコ「マッシュ」と「ポテト」がプリントされている。2匹のネコには、専用のインスタがあり、フォロワーは20.3万人(2020年6月1日現在)という人気ぶりで、マッシュは過去に写真集を2冊出している。

写真は、「GLOW」2020年7月号(宝島社)の付録を開いたところ(撮影:BOOKウォッチ編集部)

マッシュがプリントされている縦長のパレットは、縦8.6センチ、横4.7センチで、ダークブラウン、ライトブラウン、ファイバー入りブラウン、ベージュブラウンの4色入り。ベーシックな美人眉が作れるセットだ。

ポテトがプリントされている丸型のパレットは、直径4.9センチで、ローズピンク、山吹オレンジの2色入り。トレンドのカラー眉を作れるほか、チークとしても使える。

ひと塗りでしっかり色づくアイブロウカラーもある。ラベンダー色で顔だちの印象をさりげなくオシャレにできるアイテムだ。アイブロウペンシルは、ダークなグレーとブラウンをブレンドしたような色で、描きやすさ、自然な仕上がりを追求した。足りない毛を自然に増量できる。

写真は、「GLOW」2020年7月号(宝島社)

誌面にメイク方法が解説されているので、トレンドのラベンダー眉やピンク眉などにもチャレンジしやすい。

増刊の付録は、ukaのペディキュア11点セット

写真は、「GLOW」2020年7月号(宝島社)増刊の付録(撮影:BOOKウォッチ編集部)

「GLOW」7月号には、表紙と付録が違う増刊がある。増刊は、セブン-イレブン、セブンネットショッピング限定発売で、付録は人気コスメブランドuka(ウカ)の大人のペディキュア豪華11点セット。ukaトップネイリストの渡邉季穂さんが監修した。

ネイルカラー5点(ハートビートピンク/パワーオレンジ/エンジョイイエロー/メディテーションブルー/ヒーリングブラウン)とトップコートとしても使えるライトフルオーロラ1点、足の指をしっかり広げられるセパレーター1セット(2個)、足の爪を整えるネイルファイル1点、ネイルの修正やスタッズをつけるときに使うオレンジスティック1点、ネイルアートができるネイルホイル1点、ラインシール1点。

こちらも誌面に使用例が紹介されているので、参考になる。ペディキュアで足先を彩るだけでも、気持ちが前向きになりそうだ。渡邉さんは、誌面で「年齢を重ねた人ほどペディキュアを塗ってほしい」と話している。色に目がいくことで、足元がそれだけで美しく見える。

写真は、「GLOW」2020年7月号(宝島社)増刊

特集は、「洒落てて使えるワンピ最前線!」。着心地良し、見栄え良しのオシャレなワンピースを集めた。ほかにGLOWの読者世代に似合う、バッグ、サングラス、帽子、扇子など大人の夏小物を紹介したコーナーもある。今夏のかごバッグはトートタイプがトレンドだという。

付録の眉メイクとペディキュアとを合わせて、一足早く夏のオシャレを楽しむ企画が満載だ。

  • 書名:GLOW 2020年7月号
  • 監修・編集・著者名: GLOW 編集部
  • 出版社名: 宝島社
  • 出版年月日: 2020年5月28日
  • 定価: 通常号本体1,045円+税、増刊号本体1,173円+税
  • 判型・ページ数: A4変型

(BOOKウォッチ編集部)