町以外からのお知らせ

©株式会社VOTE FOR

◆短期入院協力病院に指定されました
吉備高原医療リハビリテーションセンターは、令和2年4月1日より国土交通省の短期入院協力事業の協力病院として新たに指定されました。
入院協力については自動車事故対策機構で認定を受けた患者様が対象となります。詳しくは次のホームページをご覧ください。

【短期入院協力病院掲載HP】
【HP】http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/accident/injury.html#tankibyou

●短期入院協力事業とは
国土交通省では、家族の自宅介護を受ける重度後遺障害者の方々の健康維持や、家族の負担軽減のため、自動車事故対策機構の介護料受給資格をお持ちの重度後遺障害者の方々の短期入院(1回の入院が原則2日以上14日以内)を積極的に受け入れる病院を「短期入院協力病院」として指定しています。
協力病院は、次のように入院のための環境が整っており、安心してご利用いただけます。

1.医学的管理の下に、医師による診察、検査および経過観察を受けることができます。
2.介護されている家族の方が、専門家から在宅介護技術(病状観察法、入浴法、食事法など)およびケアの方法等の助言・指導を受けることができます。
3.自動車事故対策機構から、協力病院やその他医療機関等に短期入院の際に必要な入退院時の患者移送費、室料差額負担金および食事負担金に要する費用として自己負担した額の一部助成を受けることができます。

お問い合わせ先:独立行政法人 吉備高原医療リハビリテーションセンター
【電話】0866-56-7141

◆HIV検査のご案内
備前保健所では「HIV検査普及週間」(毎年6月1日~7日)に合わせて、臨時夜間検査を実施します。匿名・無料で受けることができます。
また、毎月第1・第3金曜日には定例検査を行っています。
臨時夜間検査・定例検査とも、必ず、事前に電話で予約をお願いします。

お問い合わせ先:岡山県備前保健所
(岡山市中区古京町1-1-17)
【電話】086-272-5553(エイズホットライン)

◆悪質業者にご用心!~ひとりで悩まず、まず相談!~
悪質業者は、いろいろな手口で皆さんの財産を狙っています。一人で対応せず、必ず身近な人や警察などに相談することが、一番の被害防止対策です。
主な悪質業者の手口と、それに応じた対策を次に示します。

▼事例1
親切そうな工事業者が訪問し、無料と称して屋根や床下などを点検後、修理が必要だと説明する「工事の誘い」

▽対策
知らない業者が住宅の無料点検に来ても、受けない

▼事例2
不要なものを買い取るという触れ込みの業者が自宅を訪れ、売るつもりのなかった貴金属などを強引に買い取っていく「押し買い」

▽対策
値打ちの高いものがあることを言わない

▼事例3
事業への投資、海外通貨、未公開株、金地金、海外ファンド運用、元金保証といった言葉が出てくる「儲け話」

▽対策
すぐ契約せず、事業内容をよく確認する

怪しいと思ったら毅然と断るか、警察などに相談し、たとえ契約してしまっても、諦めずにクーリング・オフすることも有効です。

お問い合わせ先:岡山県警察本部 生活環境課
【電話】086-234-0110

◆自転車利用時の交通ルールの遵守と交通事故防止
自転車は、子どもから高齢者まで幅広い世代が利用できる便利な乗り物です。しかし、交通ルールを守らなければ、重大な交通事故の発生につながることがあります。
昨年、県内では、自転車が関係した人身事故が850件発生し、そのうち自転車側の死者は12人、負傷者は830人でした。
自転車が関係する交通事故の約7割が交差点で発生しており、一時不停止や安全不確認が主な原因となっています。交差点の手前では一時停止して左右の安全確認を徹底するなど、交通ルールを確実に守り、安全運転を心掛けてください。
また、今年4月1日からは、県内でタンデム自転車の走行が解禁となりました。タンデム自転車とは、1台の自転車に複数のサドルとペダルが装備され、同時に乗車することができる自転車です。今後、タンデム自転車を利用される場合には、歩道通行ができないなど、通常の自転車とは通行方法が異なる点があるので注意が必要です。

お問い合わせ先:岡山県警察本部 交通企画課
【電話】086-234-0110

◆吉備高原医療リハビリテーションセンター新しい先生が着任されました!
吉備高原医療リハビリテーションセンターに4月から常任医師として池田吉宏(いけだよしひろ)医師が整形外科副部長として着任されました。池田先生は、岡山労災病院、岡山大学病院等に勤務されていました。整形外科歴9年目となり、当センターに外来診療で来られていた経歴もあります。
身体を動かすことが好きで、岡山マラソンには、5年連続出場しているそうです。また、岡山吉備高原車いすふれあいロードレースのハーフコースも完走されたことがあるとのことです。吉備中央町でのご活躍を期待しています。

〇池田吉宏(いけだよしひろ)整形外科副部長
吉備高原医療リハビリテーションセンターは、手術後のリハビリを中心に行っている施設です。
また、人工関節置換により、痛みを取り除く治療も行っています。
地域の健康をお守りしていきたいと思いますので、膝などの痛みや身体が動かしにくい等の症状がある方は、お気軽にご相談ください。
どうぞ、よろしくお願いいたします。