足立梨花「顔のアザ」に言及 『わたしがしねばよかったんだ』と綴った過去があるだけに様々な憶測を呼ぶが…

©TABLO

写真はイメージです。

タレントの足立梨花さんが5月31日、自身のインスタグラムを更新。前日にネットで話題となった、顔にある痣のようなものについて言及しました。

30日、司会を務めるNHK『土曜スタジオパーク』に生出演した足立さん。スタジオでは共演者たちと間隔を空けつつトークを楽しんでいましたが、その顔には大きな痣かシミのようなものが2つ確認できます。

特に目の下にあるものはとても大きく、ネット上では

「DV…? 大丈夫だろうか? なんか、心配」

「結構目立つアザだったけど、大丈夫かな。なんでもないといいな」

「アザ隠さずに出る? メイクさんいないの?」

「見た感じ、美容皮膚科でホクロとかシミとかを取った感じじゃないかな」

といった心配やさまざまな憶測が飛び交っていました。

こうした騒ぎを受けてか、足立さんは31日に自身のインスタグラムを更新し、『アザではございませんのでご心配なさらず』と痣であることを否定。続けて『テープ貼ってるから隠せなかった』と説明していました。

この投稿に、フォロワーからは

「心配してました。とりあえず大したことないのならば良かったです」といった声をはじめ、

「私も心配でしたが、何か隠しのテープだったんですね。それなら言ってよ~! ともあれ、元気そうなら安心しました」

「とても素敵なお顔なので、ぜひお大事にして下さい」

「心配しとりました。アザではないのか。早く治るとよいですね」

「怪我とかではなくて良かったです!」

といった安堵の声が寄せられています。

足立さんといえば、志村けんさんの新型コロナウイルス感染が発覚した際、自身のSNSに『ええっと…とりあえず。1カ月以上会ってませんので大丈夫です』と投稿。志村さんへの配慮が感じられない言葉選びだとして非難が殺到しました。

そしてその騒動後、足立さんはインスタグラムのストーリーズに桜の写真を投稿し、背景に溶け込むような色と小ささで『わたしがしねばよかったんだ』『そういってほしいんでしょみんな』と読める文字を書き込みます。こうした経緯に加え、今回の騒動。足立さんの言動は、今後もなにかと世間をざわつかせることになりそうです。(文◎絹田たぬき)