簡単漁師メシ!魚のプロが教える「カツオのなめろう茶漬け」レシピ

©(株)東京放送ホールディングス

3 STEPでできる「カツオのなめろう茶漬け」

千葉県・勝浦港にお店を構える、「勝浦港㊆市場食堂 勝喰(かっくらう)」のオーナーに教えてもらったのは、「カツオのなめろう茶漬け」。簡単なのに驚くほど美味しい逸品です。
魚のプロ直伝の、絶品 “漁師メシ”のレシピをご紹介します。

作り方

① カツオのお刺身を包丁で細かくなるまで叩き、すりおろした生姜と少量の味噌を合わせます。これで「なめろう」が出来上がります。

② 出来上がった「なめろう」をご飯の上にのせ、酢醤油を回しかけます。お酢と醤油の割合は2:1。お酢多めの配合が美味しさのポイントです。

③ ゴマとネギをトッピングし、お湯をかければ完成です。

お湯をかける事で、カツオから出汁が出て奥深い味わいに。酢醤油のさっぱりした風味で、ご飯がどんどん進みます。

手早く作れるので、小腹がすいた時や朝食にぴったり。「カツオのなめろう」だけで頂くのも、カツオの美味しさを堪能できておすすめです。
魚のプロが教える漁師の味を、ぜひ自宅で味わってみてください。

店名:勝浦港㊆市場食堂 勝喰
住所:千葉県勝浦市浜勝浦401
※営業状況については事前にご確認ください

▪️6/7(日) の『バナナマンのせっかくグルメ!』

バナナマンのせっかくグルメ!!

日曜よる8:00~