「目黒のさんま」祭りが中止

提供元の宮城・気仙沼が発表

©一般社団法人共同通信社

 宮城県気仙沼市は2日、9月20日に開催予定だった同市水揚げのサンマを無料提供する「第25回目黒のさんま祭」の中止が決まったと発表した。例年、目黒区民センター一帯で開く「目黒区民まつり」内で振る舞われてきたが、新型コロナウイルスを受け区民まつり自体が中止されたことによる措置。

 落語「目黒のさんま」にちなむイベントで、昨年は5千匹の気仙沼産生サンマの炭火焼きやすり身汁を提供したほか、特産品を販売してきた。気仙沼市によると、中止は初めて。

 また、岩手県宮古市がサンマ7千匹を無料提供する予定だったJR目黒駅前(品川区)の別のさんま祭りも2日までに中止が決まった。