東京駅64%増、都心に人出

解除後初めての土日

©一般社団法人共同通信社

5月30日、東京・渋谷駅前のスクランブル交差点を行き交う大勢の人たち

 JR東日本は2日、土日だった5月30、31日、東京駅の利用者が前週に比べ64%増だったと明らかにした。新宿駅は50%増、渋谷駅も43%増。政府による緊急事態宣言が全面解除されて初めての休みとなり、都心に人出が戻ってきたと言えそうだ。

 JR東によると、この3駅を含め、16都県18駅では、いずれも前週より利用者数が伸び、山形は41%増、新青森も34%増だった。首都圏は千葉40%増、横浜39%増、大宮38%増と都内同様、各地で上昇した。