DeNAオースティン、いきなり場外2ラン「ヤッター!」 ベンチ前で“エアタッチ”

©株式会社Creative2

DeNAのタイラー・オースティン【写真:荒川祐史】

オースティンはオープン戦で12球団トップタイの4本塁打

6月19日の開幕へ向け、プロ野球の練習試合が2日に一斉に始まり、横浜スタジアムではDeNAと楽天が対戦。DeNAが4年目左腕の浜口遥大投手、楽天は2年目左腕の弓削隼人投手が先発した。

先発の柱の1人として期待される浜口は、3回2安打5奪三振1四球1失点。得意のチェンジアップが冴え、1回は茂木、ウィーラーから空振り三振を奪い3者凡退。2回はブラッシュに中堅フェンス直撃の三塁打、島内に先制中前打を許した。3回は太田、茂木を2者連続空振り三振に仕留め、鈴木を四球で歩かせたものの、ウィーラーを見送り三振に仕留めた。

また、DeNAは3回、ソトが左翼フェンス直撃の適時二塁打。新外国人オースティンが左翼場外へ2ランを放ち、“エア・ハイタッチ”でナインに迎えられた。今春のオープン戦で12球団トップタイの4本塁打を放った大砲は「『ヤッター!』。打ったのはカット系のボールです。試合前はライナーを意識していたのですが、良い角度で捉えることができました」と、気合の入った表情で話した。

楽天は4回、1死からブラッシュが左翼席上段にソロ本塁打を放った。

【楽天】
(遊)茂木
(三)鈴木
(左)ウィーラー
(ニ)浅村
(右)ブラッシュ
(指)ロメロ
(中)島内
(一)銀次
(捕)太田
投手 弓削

【DeNA】
(中)梶谷
(ニ)ソト
(右)オースティン
(左)佐野
(一)ロペス
(三)宮崎
(捕)戸柱
(指)伊藤裕
(遊)大和
投手 浜口(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)