石巻の鮮魚詰め合わせ好評 フィッシャーマン・ジャパンが宅配、さばき方も伝授

©株式会社河北新報社

鮮魚の梱包(こんぽう)作業。保冷用の氷に直接触れないように袋に入れる=石巻市
3キロ用詰め合わせの鮮魚

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で水産物の消費が低迷する中、石巻市で水産業に携わる若手らが売り出した鮮魚の宅配詰め合わせが好評だ。購入者にオンラインで魚のさばき方を教えるサービスが人気を呼び、注文は発売1カ月で1500箱を超えた。苦境を逆手に外出自粛を強いられる家庭に魚食普及を狙う。

 若手漁師らでつくる一般社団法人「フィッシャーマン・ジャパン」(FJ、石巻市)が4月中旬、団体のホームページで販売を始めた。詰め合わせは石巻港に水揚げされたアイナメやスズキ、クロダイなど。2キロ(3240円、送料別)と3キロ(4860円、同)の2種類を取り扱う。

 初心者でも調理しやすいようにと、市内で鮮魚店を営む津田祐樹さん(38)らが毎朝、えらと内臓を除去する。鮮度を保つため、魚が保冷用の氷に触れないように1匹ずつ袋に入れる。

 オンライン解説「お魚さばき教室」は、FJ直営飲食店(東京)の店主、魚谷浩さん(40)が登場する。購入者は個別に知らされるURLでビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」に接続。魚谷さんは参加者の反応を見ながら三枚おろしや保存法を教える。

 1回の配信は約1時間半。新型コロナの感染防止で「巣ごもり」生活を送る親子の参加が多く、リピーターも既にいるという。

 直営店は3月末、東京都による外出自粛要請を踏まえて休業。魚を消費者に届ける方法を探っていた。FJには漁師や仲卸、料理人とさまざまな立場の人が所属しており、メンバーが連携することで「鮮魚のまま届けて楽しく料理してもらう方法」(魚谷さん)を伝える仕組みを考え出した。

 FJは新型コロナが収束するまでは外出を控える人が一定数いると見込む。魚谷さんは「水産現場を支えながら、魚食に親しんでもらうきっかけにしたい」と話す。