道高野連が7~8月に独自大会実施へ

©テレビ北海道

真剣勝負の場を提供したい

北海道高校野球連盟は新型コロナウイルスの影響で中止となった夏の選手権大会の代わりに独自の大会開催を目指すと発表しました。きょう札幌市内で開かれた会見で遠藤直樹会長は「これまでの練習の成果を発揮する真剣勝負の場を提供する」と話しました。7月に10地区の支部大会を行い、8月上旬に代表校による南・北北海道大会を行う方向です。試合は原則土日祝日に行います。感染拡大防止のため、試合は無観客としますが控え部員と選手の保護者は観戦を認める考えです。