道南スルメイカ今季初水揚げ

©テレビ北海道

鮮度よし!おいしいよ

今季の道南のスルメイカ漁が解禁され函館漁港にきょう初水揚げされました。函館漁協所属のイカ釣り漁船15隻がきのうから松前沖などで操業した後、函館漁港に戻りました。ここ数年記録的な不漁が続きますが初日の水揚げ量は約1600キロと去年より200キロほど増えました。市場での初競りでは鮮度の高い「いけすイカ」の最高価格が去年の約4割の1キロ2200円にとどまりました。新型コロナウイルスの感染拡大で観光客がいなくなり、ホテルや飲食店での需要が大きく落ち込んでいるからです。道南のスルメイカ漁は来年1月まで続きます。