全国高校野球の代替大会 兵庫・井戸知事が「甲子園開催も検討の余地ある」

©株式会社神戸新聞社

甲子園球場=西宮市甲子園町

 兵庫県議会の超党派でつくるスポーツ振興議員連盟は2日、新型コロナウイルスの感染拡大で全国高校野球選手権大会などが中止されたのを受け、兵庫での代替大会の開催を求める要望書を井戸敏三知事に手渡した。知事は高校野球の代替大会について「甲子園での(兵庫大会)開催も検討の余地がある」と述べ、後押しする可能性を示唆した。

 要望では、高校総合体育大会や中学総体、高校野球の全国大会、県大会が中止となったことに触れ、競技活動の成果を発表する場の実現を求めた。県教育長にも手渡した。

 井戸知事は「夢を奪わないよう、代替措置が取れるように検討したい」と応じ、高校野球の代替大会について「甲子園で何試合かできればすごいことだ」とした。甲子園(同県西宮市)の使用は阪神球団の判断となるが、県として協力することに前向きな姿勢を見せた。

 県高校野球連盟は、全国高校野球兵庫大会の代替大会を開催する方向で検討しており、4日の理事会などで最終判断する方針。県高体連も競技ごとに代替大会を開くことを検討している。(井関 徹)