伊集院光 『ウィズ・コロナ』『密です』小池都知事は流行語大賞を狙っているのでは?

©株式会社ジェイプレス社

1日深夜放送の『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で、タレントの伊集院光が、小池百合子東京都知事が流行語大賞を狙っているのではないかと語った。

番組では、冒頭のトークで新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、徐々に日常を取り戻しつつあることについて語った。

伊集院は「新しい日常を築きつつある、カッチョイイ言葉で言うと、『ウィズ・コロナ』ですよ」とコメントし「なんかさ、小池都知事は流行語大賞がとりたいの? すっげぇ出してくるけど、次から次へと」と小池都知事が1日に都内の新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請を「ステップ2」に移行した際に「ウィズ・コロナ」宣言した話題に触れた。

さらに伊集院は「あれは小池都知事が初めて使ったのかどうかわかんないけどさ、流行語大賞のとき、誰にあげようかって言ったら多分、小池さんもらうんじゃねえか、みたいな。『3密』とかそうじゃん。『3密』もなんか言い出したよね『3つの密が』みたいな『密です』も候補入ってくるか…。『3密』も入ってるし『密です』も候補入ってくるし」と小池都知事が会見中によく言っていた「3密」と「密です」現状の段階で流行語のひとつに入っているだろうと予想した。

他にも伊集院は「ステイホーム」という、これまた小池都知事がよく使う単語に関して「『家にいやがれ』でいいじゃん(笑)。家にいやがれでいいのにも関わらず、なんか一回英語にしてグイグイくるよね」と話し、「ついそれを使っちゃうみたいなところありますけど」と評したのだった。