鷹・上林が定位置奪還へアピール打 4回に先制二塁打「最初の対外試合で良かった」

©株式会社Creative2

タイムリー二塁打を放ったソフトバンク・上林誠知【写真:福谷佑介】

4回1死一塁で左中間を破る適時二塁打を放った上林

ソフトバンクの上林誠知外野手が、先制のタイムリーを放った。2日、京セラドームで行われたオリックスとの練習試合。「6番・右翼」で出場すると、4回に先制の適時二塁打を放った。

4回、1死から三塁への内野安打で出塁した松田宣を一塁に置き、打席に立った上林。オリックス2番手の村西から左中間を破る二塁打を放ち、松田宣が一気に一塁から生還した。上林は三塁を狙ったものの刺されてしまったが、先制の適時二塁打となった。

「打ったのはストレートだと思います。少しバットの先でしたが良い所に飛んでくれました。最初の対外試合で良い結果になってくれて良かったです」と振り返った上林。外野手のレギュラー争いの渦中にいるが、紅白戦からコンスタントに安打を放っており、アピールを続ける。もともと期待値は高い上林。このまま右翼の定位置を確保できるか。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)