「手が使えない至近距離シュートストップ練習」がかなりハード

©株式会社コリー

『Gazzetta dello Sport』が取り上げた映像が話題になっている。

映っているのはフットサルコートにあるゴールマウスの前に立っているゴールキーパー。

両手を後ろに組んで使えないようにしている彼に向けて、コーチが至近距離からシュートを放つ!

動画を見たい場合はここをタップ!

シュートに対して顔と体を逃さないための練習だろうが、これはハードだ。

【関連記事】今世界で最も優れたGKとは誰だ?10名を「格付け」

1発目は完全に顔にぶつかっている。これに対応できればかなりの反射神経は身につきそうではあるが…。