今夏、神奈川は海水浴場なし!? 地元では「逆に荒れるのでは」と危惧 それでも遊ぶ人VS自粛警察の争いが勃発する可能性も!

©TABLO

今年の湘南はこんな感じになるのか(写真はイメージです)。

6月1日、神奈川県の藤沢市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、葉山町、湯河原町が海水浴場を開設をしないことを発表しました。これに先立ち、茅ヶ崎市、平塚市、小田原市、大磯町では、既に海水浴場を開設しないことを発表しています。

ちなみに、鎌倉市海浜組合連合会によれば、鎌倉市、藤沢市に海水浴場が開設されないのは、第二次世界大戦以来だそうです。

「神奈川県内で開設される海水浴場は、ゼロになるのではないでしょうか。神奈川県のガイドラインを守るのは、無理ですから」

と海の家経営者は語ります。

厳しすぎるガイドライン

5月27日 に神奈川県が発表した【海水浴場等における 新型コロナウイルス感染症 の感染防止対策ガイドライン】を見ると確かに厳し過ぎるところがあります。

以下に、一部を抜粋してご紹介します。

まず、「海水浴場等における感染防止対策について」の項目から

【砂浜に一定の間隔で目印の設置を行うなど、ソーシャルディスタンス(人との間隔をできるだけ2m、最低1m空けること)を確保するための対策を必ず講じること。】

砂浜の目印を保守するのは尋常な労力ではないのが容易に想像できます。

【イベントは中止すること。】

海の家でイベントが開催できないと採算とれない出店者も多いでしょう。

次に「海の家の営業者が行うべき感染防止対策」内の「共通事項(飲食店・更衣休憩所)」の項目から

【施設内の密集を避けるために、施設の利用は完全予約制とすること。 】

パーソナルジム、エステサロン、旅館ではないので、予約制にしたら、かなり割高になりそうです。

海水浴場が開設されないことによる影響

では、海水浴場の開設されないとどのような問題が起きるのでしょうか。海の家経営者にうかがいました。

「神奈川県内には、毎年、約350軒の海の家が出店されます。海の家だけで生計を立てる人も多いですから、海水浴場が開設されないと失業問題も起きるでしょう」(海の家経営者)

また、海の家には昔から暴力団が関与しているという噂がありますが、海水浴場が開設されないと影響があるのでしょうか。

「海の家の経営に企業舎弟が関与している地域はあります。コロナ禍で海水浴場が開催されないので『売上が立ちません』『ごめんなさい』は通用しない世界ですから、強行出店する可能性もあると思います。あと、天候によって浮き沈みが激しい海沿いの飲食店をターゲットにした暴力団系高利貸しもいますから、暗躍するリスクはありますね」(海の家経営者)

ちなみに海水浴場が開設されなくても、泳いだ人には、どのようなペナルティがあるのか、神奈川県海水浴場組合連合会副会長、由比ガ浜茶亭組合組合長の増田元秀氏に伺いました。

「残念ですが、海水浴場が設置されていないところで泳ぐのを規制する条例はありません。自己責任になります。トラブルを危惧して県内の市町長は、新しい条例の施行や警備員配置計画等に着手しています」

海岸法には海岸の管理責任は都道府県の知事にあると定められています。海水浴場が開設された場合には、管理責任は開設者(市町長、管理組合)になりますが、海水浴場が開設されないので、今年は県知事が管理責任者となります。

神奈川県の対策としては、担当者が新聞の取材に答えているのを聞く限りでは、海水浴客に対して遊泳の遠慮をお願いする看板を設置する程度のようです。

一方で、地元の方々は、海水浴場や海の家がないことで夏の海岸が荒れることを危惧しています。

大音量で音楽を流して、お酒飲み放題で騒げるビーチパーティ状態になりかねないのです。海に遊びに行く人に自粛を求める自粛警察が台頭する可能性もあります。

海で自粛警察とのバトル等にならないように今年の夏は大人しく過ごしましょう。(文◎星野純連)