元シンクロ・青木愛“ドSボディー”に熱視線! 絶対領域たまらん…

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

アーティスティックスイミング(旧シンクロナイズドスイミング)元日本代表の青木愛が5月30日、自身のインスタグラムを更新。黒のノースリーブとミニスカート姿を披露し、フォロワーを歓喜させている。

青木は《誕生日にゴルフセットをプレゼントしてもらいました ということで青木ゴルフはじめるってよ ウエアはアルチビオでそろえてみました 何でもカタチから入るタイプです》などとつづり、新しく始めるゴルフに意気込みを見せた。

View this post on Instagram

誕生日にゴルフセットをプレゼントしてもらいました⛳️🥰♥️  ということで青木ゴルフはじめるってよ🏌🏻‍♀️💕  ウェアはアルチビオで揃えてみました♥️  なんでもカタチから入るタイプです😎✨  アルチビオの『a』がところどころにプリントされてて、イニシャルA.Aの私はそれだけでテンションがあがる😍❣️🌈←単純。  ウェアの組み合わせ考えるだけでわくわく🥰🎶  こんな一丁前な格好しててダフったらばりハズいでって言われたけど。。  たしかにそれはダサすぎるから頑張って練習しよう😭😭  楽しみが増えて嬉しいー😆🌈💕  頑張るぞ💪🏻✨✨  #アルチビオ #archivio

A post shared by 青木 愛 Ai Aoki (@aiaoki_official) on

彼女が公開した1枚に、ネット上では、

《ラウンドガールかと思ったわ。こんな美女がゴルフ場にいたら、目を奪われてプレーにならん》
《スタイル抜群ですね。めちゃくちゃ似合ってます!》
《こんな美女と一緒にラウンドしてみたいわー》
《おお、ゴルフ始めるんですね。運動神経抜群だからすぐにうまくなりそう。頑張ってください!》

など、たくさんのエールが送られている。

ポスト高嶋ちさ子だ!

「ミニスカートにニーハイで〝絶対領域〟をアピールするなど、大サービスショットでした。青木は2008年の北京オリンピックに出場し、チーム種目で5位に入賞。引退後は173センチの長身を生かし、モデルやタレント活動をしています。当初はスポーツ番組などの出演が多かったのですが、2018年4月に情報バラエティー番組『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系)で旅のリポーターに就任すると、旅先で身体を張ったリポートにチャレンジ。セブ島に訪れた際は、現地の癒やしマッサージを体験し、上半身裸でうつぶせになり谷間を披露。視聴者から大絶賛されたこともあります」(エンタメ誌記者)

View this post on Instagram

セブ島でジンベエザメと泳いだ時に着てた水着は三愛さん👙💙 @sanai_resort  今週の旅サラダはイロコス地方🥳🇵🇭 土曜あさ8時から🥗観てね🐶♥️

A post shared by 青木 愛 Ai Aoki (@aiaoki_official) on

芸能関係者の間では、「美人で関西弁もウケがよく、売り方を変えれば今以上にブレークする可能性も高い」といわれており、素材の良さはプロのお墨付き。問題はスポーツ選手にありがちな〝気の強さ〟だというが、高嶋ちさ子のようなドSキャラがハマれば、今以上に大注目されるのは間違いない!

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock