『ボンビーガール』上京ガールの貯金額に感嘆「偉い」「私よりある」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)Yuri Shevtsov / Shutterstock 

6月2日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)の人気コーナー『上京ガール』で、東京で新生活を送る地方出身女性が貯金額を明かす一幕があり、「年齢の割にはすごく貯めている」と視聴者の間で話題になっている。

この日は兵庫から上京し、女優を目指すという21歳女性に密着。不動産屋を訪れ、5万5000円程度の家賃、15万円程度の初期費用を希望していると明かした。地元で長い間、競艇場の有料席で受付のアルバイトを続け、毎月給料の半分程度を貯金してきたという。

「貯金額100万」に周囲驚がく「めっちゃすげえ…」

番組スタッフが貯金額を聞くと、女性は間を置いて「100万円いかないぐらい」とポツリ。これに、隣にいた不動産屋の店長は「めっちゃすげえ…」と漏らし、対応していた業者の女性も「私よりある…」と苦笑いしていた。

女性は上京後、オーディションを立て続けに受ける関係から、なるべく家賃を抑えたいと希望。芸能事務所が300社以上ある渋谷から40分以内で2階以上、オートロックの物件を希望した。

同コーナーでは毎回、出演女性の希望が「高望み過ぎる」などとして批判する視聴者の声が相次いでいる。しかしこの日は、

《今までの子より100万近くは結構貯めてんじゃん》
《100万近く貯めるってすげぇな~そして何より現実的》
《20代前半でコツコツ100万近く貯めて夢に向かって行こうとしてる子の何が悪いの?》
《ボンビーガール、100万ためたん!? えらいぞー》
《ボンビーガール偉いなぁ貯金そんなできんて、見習うしか。笑》
《しっかり貯金もしてるし、都内の家賃相場しっかり分かってるし、無理難題言わないし、見てて不快感がない…!!!》

など、懸命に貯金した彼女を称賛する声があがることに。

多額のお金をためる根性があるなら、女優としての活躍も期待できそうだ。

【画像】

Yuri Shevtsov / Shutterstock