お知らせ情報+(プラス)(1)

©株式会社VOTE FOR

■防災ラジオ(戸別受信機)の無償貸与について
市は、防災用屋外スピーカーおよび防災ラジオを整備し、市民の皆さんに緊急情報や避難情報などの必要な情報の提供を行っています。
このうち、防災ラジオについては、下の条件を満たす世帯・事業所を対象に無償貸与を行っています。

◇無償貸与の要件

費用:条件付き無料
※有償譲渡(標準タイプ13,000円、文字表示盤付23,000円)もあります。お問い合わせください
申込方法:下表の窓口で申請

▽土砂災害警戒区域および土砂災害特別警戒区域が確認できるウェブサイト
(1)とちぎ地図情報公開システム
【URL】https://www.sonicweb-asp.jp/tochigi_pref/

(2)日光市土砂災害ハザードマップ
【URL】http://www.city.nikko.lg.jp/soumu/guide/shoubou/bousai/hazard_map.html

問合せ:総務課 防災対策係
【電話】0288-21-5166

■知っていますか?「消費者ホットライン188」
消費者ホットライン188(局番なし)は、お近くの消費生活センターなどの消費生活相談窓口をご案内することにより、消費生活相談の最初の一歩をお手伝いするものです。
「悪質商法の被害にあった」「ある製品を使ってけがをしてしまった」などの消費者トラブルで困っていることはありませんか?
また、最近では「マスクを配るので家族構成を教えてほしい」「助成金があるので個人情報や口座情報を教えてほしい」など新型コロナウイルス感染症に関連したトラブルが増加しています。
そんなときには1人で悩まず、消費者ホットライン「188(いやや!)」にご相談ください。

問合せ:消費生活センター
【電話】0288-22-4743

■目指せ! 歯(は)ッピー健口(けんこう)ライフ
◆日本人が歯を失う原因は「歯周病」
歯周病は、歯ぐきや歯を支える骨に炎症が起き、徐々に壊れていく病気です。壊れた組織は元に戻らず、進行すると歯は抜けてしまいます。
炎症により、歯ぐきは赤く腫れ、歯磨き時や食事中にも出血するようになります。破れた毛細血管から、歯周病菌が流れ込んで全身を駆け巡ります。そのため、歯周病は、糖尿病や心臓病、誤嚥(ごえん)性肺炎など、全身の健康に深く関係しています。

◆歯科医院で定期的なチェックを
歯周病予防をはじめとする歯や口腔(こうくう)内の健康づくりには家庭での「セルフケア」と共に、定期的な歯科医や歯科衛生士などの「プロのケア」(歯や口腔内の健康チェックやブラッシング指導など)を受け、毎日の磨き残しを減らすことが大切です。

◆歯科健診(無料)を受けましょう
市は歯科疾患を早期発見し、早期治療へつなげるために、市内の歯科医院で歯科健診を実施しています。
健診をきっかけにして、かかりつけ歯科医を持つことが大切です。かかりつけ歯科医ができたら、歯が痛くなってから治療を受けるのではなく、定期的に歯や口腔内のチェックをしてもらいましょう。

受診期間:6月1日(月)〜令和3年3月31日(水)
実施歯科医院:市内の歯科医院
健診内容:むし歯・歯肉・口腔清掃状況などの確認。健診結果の判定・指導
対象者:19歳以上の市民(治療中の方は対象外)
費用:無料
※健診の結果、治療が必要となった場合は保険診療(有料)となります
申込方法:問合先に電話でお申し込みください。受診に必要な書類を郵送します

▽歯科健診を受けるには
1.申し込み
健康課に電話
【電話】0288-21-2756

2.受診票がご自宅に届きます

3.予約
歯科医院に電話

4.受診
歯科医院を受診

問合せ:健康課
【電話】0288-21-2756

■日光商工会議所「テイクアウト・宅配等情報提供サイト」オープン
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、地域の生活を支える多くの企業が深刻な状況に陥っています。
日光商工会議所は、地域の企業を応援することを目的にテイクアウトや宅配、限定メニューなどの情報を発信する専用ホームページをオープンしました。
【URL】https://nikkosos.com
地域経済の基盤を守るためには、市民の皆さんの協力が必要不可欠です。ぜひ当ホームページを活用し、地元企業を応援してください。

問合せ:日光商工会議所 今市事務所
【電話】0288-30-1171

■45ℓごみ袋「持ち手付き」を販売開始します
日光市指定ごみ袋(家庭用)燃えるごみ用45ℓの「持ち手付き」を6月から販売開始します。
※値段は従来のものと同じで10枚入り450円です
なお、各取扱店によって、販売時期が異なる場合がありますので、各取扱店にご確認ください。

問合せ:環境課
【電話】0288-21-5138