富山競輪無観客スタート 月遅れで本年度初開催

©株式会社北日本新聞社

無観客の中バンクを駆け抜ける選手=富山競輪場

 第3回富山市営競輪が3日、富山競輪場(富山市岩瀬池田町)で始まった。新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、無観客で5日まで行う。本場開催は、5月に予定していた第1、2回が新型コロナの影響で中止され、今回が本年度初めてとなった。

 3日間で計33レースを行う。初日は11レースを実施し、98選手が観客のいない静かな状況で熱戦を繰り広げ、バンクを勢いよく駆け抜けた。地元からは松崎貴久、宮越大、樋口奨平、笹倉慎也、松田大の各選手が出場した。

 入場を制限しているため、車券の購入や払い戻しはインターネットと電話投票、県外の一部の専用場外車券売場だけで行う。

 レースの映像は競輪公式サイトなどで公開している。

無観客で開催され入口のゲートが下ろされている富山競輪場
無観客のため無人の車券販売所=富山競輪場